2017年9月25日 (月)

原一司「あっぱれ右左吉」38年

「少女倶楽部」4月号読み切り8P
竹馬で遊ぶ右左吉(うさきち)
追いかけられる泥棒を竹馬でからめて捕まえる
見事な二本使いを見込んだ荒木先生が右左吉を弟子にする
修行のかいがあって一流の使い手となった右左吉、すでに青年に達していた
江戸で道場を開こうと旅する時に同行となった小さなお嬢さん
仇討ちの旅とわかり、相手が見つかると助太刀する
江戸へ出て道場を開いたところで終わり

まだ原さんの絵ではないが、きれいな線で完成している
秋の増刊号15巻12号には「無敵二勇士」8Pの読み切り漫画も載る

中沢しげお「谷間さゆりちゃん」56年


「少女」正月増刊号6P読み切り
中沢さんはトモブックス社の単行本ではうりざね顔のヒロインが変な感じ
56年から57年にかけての短編で非常に美しいヒロインを描く

母とひっそり暮らす谷間さゆり
親しい青木先生の書いた絵が特選になった
モデルはさゆりで美術館で展示されるとおじいさんから連絡が入る
夫がなくなったあと、母は仲がよくない義理の父から離れて隠れて暮らしてきた
豊かな暮らしを考えて母は身を引き、祖父がさゆりをお屋敷に引き取る
さゆりが帰りたそうにしているのを見た祖父は、母に引っ越すよう電話をした
それを聞いたさゆりは身一つで飛び出して、金もないので線路伝いで家まで歩いてくる
祖父も二人の仲をさくのはよくないと知って、遠くで見守るという

中沢しげお「一番星のおかあさん」57年
「少女クラブ」正月増刊号11P読み切り
雪子の父は二年前になくなり、母もむりがたたって二か月前になくなった
おじいさんと妹の弓子の三人暮らしで、雪子は学校が終わると隣の人形店で働いている

母が死んだことを知らされていない弓子は母がいつかえるのかと雪子に聞く
あの山の一番星のところよと聞いた弓子
親しい真ちゃんが伝書鳩を飼っていて、一番星までいけるよと励ます
飛ばした鳩はふくろうに襲われ、絵を描いていた健一が拾う
健一は手紙を読み、母と相談して弓子に贈る人形を買って返事を母が書く
健一が買いに来たのが雪子が勤める店だったのでお礼に訪れる
健一は村長の息子で裕福そうな家
弓ちゃんになにもかもわかるまでこのまま一番星のおかあさんでいると言ってくれる

2017年9月24日 (日)

高畠華宵

Takahata3806kagami

「少女世界」28年11月号に
しゅんだいろ作で「聖き母の御手に」高畠華宵絵8P読み切り
ここに絵物語と題してある
高畠さんの絵は文と対応していて(番号がついている)、絵に囲いもついているが
この時期に歴然と絵物語というジャンルがあったわけではない様子
絵が売りの物語といった程度でしょう
絵に囲いをつけるのは挿絵画家の好みによりついたりすることもある
昭和4年6月号の佐々木精「会津秘話 和田八郎の娘」は絵物語としてあるが
9Pに13の挿絵があり(2P見開きに3つ程度)、番号が振られているわけでない

「幼年倶楽部」38年6月号では野村胡堂作「鏡の行方」につける高畠華宵の絵が「ゑものがたり」と銘うってある
16P連載で12月終了
同じ「幼年倶楽部」の39年は濱田広介作の「たびの王子」で高畠華宵がつける絵にやはり「ゑものがたり」

天ぷら種々:きのこの味噌だね

P170923tenpura
アナゴの天ぷらを中心にさまざまな天ぷらを試す
ごく普通に蓮根の薄切り
去年からよく作るとうもろこし
季節がらのさつまいも

金曜日の浪漫ではじめて食べたいちじくの揚げ物
P170923itijiku
これは天ぷらでなく、薄い小麦粉ねりにそば粉をまぶして揚げたもの
そば粉がないので、パン粉を乾煎りしてまぶす
浪漫のより大きないちじくだったので水分が中に残りたいした出来にならず

よかったのが、NHK本の禅寺料理でみた、きのこの天ぷら
天ぷら粉に味噌を足してあげる
焦げやすいのでどうかと思ったが、味がぐっとよくなり、これは今後も採用したいレシピとなる

藤田茂「恐竜人ドンモス」55年

Fujita5510donmos
「少年画報」10月号付録48P
南極探検隊が、原爆を無効にする鉱石ⅹを求めて出発した
隊長は月形、少年探偵はやぶさ君もついてゆく
南極につくと、日比天博士が氷男を見つけて追いかける
それを追った隊長とはやぶさが銃で狙われる
鉱石を奪おうとする桃山ギャング一味と抗戦する
そのころ、日比天博士が追って行った先で、氷男たちが相談している
彼らは恐竜が進化したドンモスという生物
小型の人間みたいでしっぽがある
人間がこのドンモス世界に害を及ぼすからには、先祖の恐竜を生き返らせてやっつけようといっている
桃山たちは光る石を見つけて、ドンモスの円盤を奪って逃げる
一人のドンモスが恐竜を生き返らせ、暴れる恐竜は南極隊を襲い、海に入ってゆく
しかし恐竜を生き返らせた爆発で連鎖して火山が爆発し、ドンモス世界が壊れてしまいそうになる
ドンモスは円盤でほかの星へ去って暮らすことに
生き返った恐竜はこれで倒せとはやぶさたちに銃をくれる

そのころ恐竜は海を渡り、東京湾に上陸して暴れ出した
戦車隊でもびくともしない恐竜だが
はやぶさ君がドンモスからもらった銃を放つと溶けて消えていった

«澤井一三郎 「ドウブツノケンジュツシアイ」38年