2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2014年8月29日 (金)

「COM」71年7月号

Zcom7106
才賀陽平「我らの時代」
恐竜時代に生き延びる人類の姿を描く
その1は恐竜に好きなようにされる人類
連れ合いの女が泣いて悲しむのでそちらも食べてしまったという恐竜の台詞がふるっている
その2はしたたかに生きる人類
普段おとなしい小恐竜
勇気を出して大恐竜にたちむかったがあっけなく倒れてしまい、後は人間が喜んで食べるという結末
Zcom7106saiga

「なかよし」56年正月増刊号(北海道訪問b17)

続いて「なかよし」は増刊号を幾冊か
100円、202P
オオトモヨシヤス「白ゆりの歌」18P
永樹凡人「あきれたかきぞめ」縦2/5サイズ4P
東村登「うっかり姫」4P
谷川一彦「びっくり黒頭巾」8P
荒木まさよし「ちゃっかりちゃん」1P
木下としお「みどりのバレエぐつ」縦2/5サイズ16P
いたいれんたろう「夢は春風にのって」13P
荒木まさよし「ますみちゃん」4P
Xnakayosi56footomo
「白ゆりの歌」はジャンヌ・ダルクの物語
英国が侵攻してくるフランスのドムルミイ村
ジャネットは神の声を聞いてジャンヌに名を改める
アレキサンダー大王の宝剣を掘り出し名声が高まる
城では少女のお告げが本物か試すために、王子が護衛兵に変装してジャンヌを迎え入れる
ジャンヌは城へ入るなり、目の前の王子に向かわず、一直線に変装した護衛兵を王子とわかって挨拶する
これにより軍もジャンヌを加えて戦いを始める
グルズーニの軍につかまったジャンヌは改悛することもなく火あぶりに処せられるというラスト
戦いの部分に山がなくあっさりしすぎ
「夢は春風にのって」
校舎建て直しで資金を金満家の金賀氏に融通してほしいと校長が頼むが断られる
金賀氏の娘で立て直しに熱心なグループと対立するエミ子はわざとくぎをゆるめておく
そんな日、風が強まり、校舎が壊れる心配でエミ子は吹雪の中を直しに学校へ向かう
それを聞いたクラスのみんながかけつけてエミ子を救う
これをきっかけに金賀氏も資金を出すことになり工事は順調にゆきそう

篠崎寿「猛獣トンちゃん」48年

Sinozaki_jungle
こども乃友社5/15発行、40円、96P
両親がなくなりボンチおじさんを町まで訪ねてきたトンちゃん
おじさんは一年前に旅に出ていず、弱っていると通りがかりの船長が船に乗せてくれる
その船に赤ひげ海賊が大砲を撃って乗り込んできた
トンちゃんは盗み出す荷物に入って、海賊船で鉄砲の弾を抜き、刀の刃を取って海賊をやりこめる
荷物を奪い返し、船長の船に戻すが
その荷物に赤ひげがまぎれこんでいて、トンちゃんを樽詰めにして海に落とす
大砲に乗って海賊船に帰るがその衝突で海賊船が沈んで船長の船に助けられる
赤ひげも改心して、捨てたトンちゃんを海に探すが見つからない

南の島に流れ着いた樽を現地人が拾って開けるとトンちゃんが出てくる
森に逃げ出し、智恵を働かして猛獣と戦う
鷲にさらわれ連れ去られるのを、鷲を狙って落としてくれたのがポンチおじさん
船が難破して島で暮らしているという
飛行機が出来たので脱出しようというのでみると、ゴムを回して飛ぶ飛行機
パチンコのようにゴムで空へ飛ばした後は飛行機内のゴムをねじると跳び続ける原理
しかし途中でゴムが切れて、落ちたところをあの船長の船に救われて無事帰国する

コンゴ:フランコ「KPOKジャズ」

Francotpokjazz
a1ロタンベ
a2ムボンゴ
a3リソロ・ヤ・アダモ・ナ・ンザンベ

b1バジェカテ
b2ランヴェ・ルンタディラ
b3モレカ・オコニオコロ・ンガイ・ンチナ

キングレコードから発売された日本盤
GXHシリーズは1040番台にアフリカ音楽のルーツを探るが3種出て、マヌ・ディバンゴやフラ・クティが紹介された
コンゴは1059番になってフランコが初めてだったか
ともかくこのシリーズでぐんとアフリカポップスが身近になった

フランコのギターは控えめながら美しい
コーラス隊もあまり激しく掛け合いせず、ブラスが入ってくるというコンゴロック初期の音が楽しめる

当時は、フランコの音楽はおとなしすぎるように思えてエベネザー・オベイなどのジュジュミュージックにひかれた
コンゴロックにやられるのはパパ・ウェンバによってだった

2014年8月28日 (木)

「ガロ」71年6月号

「星をつかみそこねる男」はいよいよ池田屋乱入
楠勝平「梶又右衛門」
命を削りながら作品を仕上げてきた楠さんが転じて生への展望を描こうとした名作
お毒味役に選ばれた梶又右衛門、病弱でさらに魚類は無類の苦手
それを克服した姿がはればれしい

鈴木翁二「五点やの狸」はずいぶんかわった作品
五点やというメシ屋の看板に使われる狸の置物
それを作ったおやじが酒好きで間違えて金玉をとっくり形に作ったものだから
近所のガキにはやされ、犬には小便をかけられというたいそうな滑稽作品

「少女ブック」59年夏増刊号(北海道訪問b16)

主なところが
わたなべまさこ「森の少女の物語」26P
野呂新平「チコちゃん」16P
山口やすたみ「いつかあえる日」32Pも本誌に載り、さらに付録で64Pと珍しい形式

「チコちゃん」は
日本アルプスでチコちゃんの知り合い十郎さんが遭難して親が悲しんでいる
それが十郎の幽霊が町に現れると噂になっていて
生き別れとなっていた弟の五郎だとわかる、よく似ていたので十郎が幽霊となって出たと間違われたというオチ
さて、その頃、日本アルプスでは雪男が出没すると話題になっていた
三田先生が遭難の十郎をさぐりにアルプスへ出発する
崖の下にいるのが雪男かとおそるおそる見ると、彼は空襲に来て墜落したアメリカ兵の生き残り
人気のないところで暮らしていた
三田先生が戦争は終わったと説得してロープを垂らして引き上げると
崖下に落ちた十郎を助けていたらしく、十郎も一緒にあがってくる

大沼晴夫「サクラさんと謎の封筒」49年

Oonumahsumire
児童訓育社7/15発行、32P
スミレさんの仲よしサクラさんは意地悪で欲張り
両親が困って学校の先生に相談すると、いい方法があると引き受ける
しばらくするとサクラは幸運の手紙を受け取る
そこには金山山頂に宝物があると書いてあった
さっそく探しに行くと、同じような手紙を受け取ったスミレと出くわし一緒にめざす
熊と思って恐れて逃げるときこりさん
滝の水でのどをうるおすころには日も暮れてくる
小屋で泊まり朝日を迎える
鳥が飛ぶ頂上へ着くと光る岩の横に手紙がある
おみやの森に宝があると書いてあって、こんなところまで来なくて良かったんだと戻り始める
崖から転げ落ちたサクラはリュックをなくし、スミレのパンをもらいなかよくする大切さを知る
もう宝もいらないわとおみやの森まで来ると木の下に恐い先生の名前が書いた箱がある
欲を持たないことこそが宝だと諭される

タブー・コンボ「ラン10」78年

Taboocombo_lan10
79年にブルーズを配給していた日本のレーベルPVineから突如4枚のハイチ音楽が発売された
今にして思えば、最大手のミニレコードでなくローテルというレーベルを4枚も発売したのは英断
しかしそのおかげでいち早く日本にハイチ音楽が知られることになった

タブー・コンボはその中でもディスコ風に展開していたのでわかりやすかった
A1~3までディスコ風ドラムでハイチコンパ音楽を繰り広げる
マイナーな曲調が管楽器とよくあい、これはファンになりました
3曲目の「ランディ」はギターのリフもおもしろく、何より「ワイワイワイ」の掛け声が異様な興奮をうむ
4曲目は完全なファンクディスコスタイルでおもしろくないが、B1「タニア」がまた哀愁ある名曲
このアルバムのおかげでハイチ音楽には愛着深く、以後70枚ほど買い求めることになる

2014年8月27日 (水)

「COM」71年5・6月合併号

Zcom7105
水木しげる「偶然の神秘」が4つの話しをつなげたオムニバス
東郷平八郎・浅野内匠頭・江戸の勝五郎少年などにはさまる作者の戦争体験がやはり興味深い
向こう岸まで二人乗りの小舟を使うのだが、後ろの一人が落ちた帽子を拾おうとしてワニに一瞬に食われてしまう
Zcom7105mizuki
つげ忠男「武蔵」、義春さんも武蔵を描いているが、こちらも侍の前で道化を演じていると痛感する武蔵像
ちばてつや「えーん」は皮肉な小話
「火の鳥」復活編、268P、ロボットになりたいと訴えるレオナのコマが圧倒的な迫力を持つ

「少女ブック」53年正月増刊号(北海道訪問b15)

Xsyojob53f
こちらも野呂作品を確認するために閲覧
「コッペちゃん」3P
不思議な箱にはアフリカが入っていて王の即位式が行われるという
そこへ入りこんだコッペちゃんはカバに襲われ、ナイトというターザン風少年が来て助けてくれる
すぐ上空をライオンのエリザ王が絨毯に乗って飛んでいる
コッペちゃんが絨毯がほしいというが、それはナイトでもどうしようもないと断られる
高野さんの「かもめちゃん」も4Pで掲載
かもめ美容室の息子にや助が久しぶりに戻ってくる
かもめちゃんを映画の撮影所に連れて行ってくれるが、にや助はなぐられ役でちょっと残念

54年も新年増刊号
入江しげる「すみれさん」8P
野呂新平「のん子の探偵長」8P
上田とし子「ぼくちゃん」5P
朝島靖之助「夕焼けはるか」小宮小次郎絵10P、海賊に立ち向かう姉妹の物語
早見利一「てるてる姫」5P
大城のぼる「胡蝶陣」9P
かつらたろ「おはねさん」2P
畠山一夫「ぽっくりちゃん」5P
山内竜臣「お江戸に雪のふる夜」9P

「のん子の探偵長」
白ばら王子がかつて住んでいた館は荒れて幽霊が出るという
のん子が探りに行くと、探偵シャーレッケも来る
白ずくめの怪人が現れるが、王子の宝を狙うシャーレッケの企みだとのん子が見破り事件を解決
見つけた宝で子供の城を作ってもらう

この年の8月号が「チコちゃん」の一回目
ター坊を連れて海水浴のチコちゃん
土左右衛門を背負っているのを見てこわくなって浜辺で水浴びにしておく
戻って、家庭教師に「勉強の後はよいことをせよ」と言われてチコちゃんは赤ちゃんのお守りをする
アイスキャンデーを買ってと赤ちゃんにせがまれて買うと、赤ちゃんの母親が迎えに来て赤ちゃんにアイスを背中に投げ込まれる

«水野英子デビュー 1955年中頃