2019年1月20日 (日)

たらばがに

デパートの魚屋で時々、蒸しかには出るのかと聞いていた
日本産のかには特注して、二三万かかるとわかって、かにすきには外国産のものを用いる
ロシア産だがいいたらばがにがあるとお姐さんに勧められ購入
たらばは身がころっとしていて、ずわいがによりむきやすい
殻にくっつかずにきれいにむける
そのため、はずしてポン酢で食べるにはいいのだろう
味はずわいの甘さがなくて幾分そっけないが
夜に、温めてポン酢で食べる、二人だと半分くらいで残る
残りを朝に、おすましの具に半分、半分は身だけにしてナッツ類とポン酢で
食べ終わって考えると焼いて風味を加えるのもよかったかも知れない

2019年1月19日 (土)

ビストロ・カメキチ 上本町四丁目

P190118kamekiti00
お昼は1200円のランチのみ、夜はアラカルトのビストロ
なかなかおいしいという評判を聞いて、シェフのおまかせでディナーコースをお願いする
赤白ワインを飲んで、11000円
前菜・スープ・魚・肉・デザートといった標準的コース

前菜はかわはぎの肝あえ、下に菜の花、横にかぶらに包んだキャビア

スープはパイ・オニオン炒め・フォアグラ・黒トリュフと乗せ、周りにコンソメ
P190118kamekiti02

魚は、舌平目のグラタン仕立て

肉は、シャラン鴨のロースト
P190118kamekiti03

デザートは、フランボワーズソルベにクレームダンジュ いちごソース
P190118kamekiti05
特筆ものがコンソメ、オニオン炒めと混ぜてオニオンスープになるが
コンソメそのもののおいしさを味わえるのがいい
パイもあわせると味に深みがます、黒トリュフもいい感じ

グラタンはそれだけで味がひきたち、中の平麺とで十分か
 舌平目の淡い味がいきてこなかった
シャラン鴨は柔らかい、もう少し熱い温度で食べたかった
P190118kamekiti04
古典的なフレンチに類するため評価が難しい

2019年1月13日 (日)

肥後橋割烹:弧柳

P190112koryuu00b
大阪でも有数の懐石料理店
夜しかやっていないところが多いのを絞ってあたってみることに
幸い予約がすんなりとれて連休土曜の6時に
お客は三組5名でめずらしくすいているらしい
9時から貸切状態で外国人旅行グループが入るという

料理は一コースのみ、その日の仕入れによって16000円から18000円
18000円に冷酒秋鹿一合1200円、これに税サービス18%ほどで22800円
メニューは10種類、どれも洗練されている
店内はかなり狭くカウンター席がくねっている
料理は適度の間合いで供される
まず目の前で伊勢エビが調理される
胴を切った海老の頭・足は二分間ほど生きて動いている

1:あえもの こもち昆布と橙、上にクコの実 正月らしいあしらい

2:酢の物 ジュレがかかる伊勢エビあぶり
P190112koryuu02

3:造り 本間のまぐろ、赤身と少しトロ部分、あおりいかに明石ひらめ・車海老 まながつおあぶり

 鉄火巻きと濁り酒までついて、飾りが松笠・猫柳・マンリョウと八寸みたいな膳
P190112koryuu03
4:椀 澄ましのかぶら仕立て、いのししとなんきん、大阪真菜が味わい深い
P190112koryuu04

5:揚げもの 琵琶湖のきす新引き揚げ、車海老頭と里芋
6:焼き物 氷見のぶり 軽く焼いている 焼きねぎにはからすみ、アイスプラント
7:あえもの 茶ぶりなまこ、ゆずのかき氷が乗る

8:お肉 宮崎牛のあぶりにホースラディッシュ(西洋わさび)、横にあんこう肝と煮大根
P190112koryuu08

9:ご飯 鯛のうづみ粥 米は箕面(堅田)
10:デザート 黒ゴマ豆腐とゴマ豆腐重ね、下にいちごソース

234が圧巻
8のお肉は余分で煮物でもほしいところだが、飲み屋街では酒に合わないのか
あんこう肝は生臭さがなくていい、それでも分量は半分でいいかな
おかゆの鯛は少し癖が残る、難点があるとしたらここ、香の物も水準足らず
デザートは懐石では光るものができないのが残念

絶品と驚く皿がなかったので値段からみてまずまず
大将は若く気さくな人柄で、東京のシェフとコラボするような意欲家
さらに磨きがかかると期待できる

2019年1月 4日 (金)

卓球講習7回目

生徒は二人で、20分二回ずつになる
はじめはフォア、バック、続いてファア/バックの切り返し
つっつきを右・左続けて少し

二回目に、ドライブ練習
一本打ちに続いて止めた返球を連続してドライブする
威力を二の次とするとなんとか返る
最後は、サーブ練習のかかり
下切りをやってみて、もっと下を直線的に切り、最後に内へスナップをきかすように指導
ツーバウンドで収めることができるが、戻ってくるほどには切れがない

合間はサーブの練習をするが、要領が難しい

2019年1月 3日 (木)

夏目漱石「虞美人草」1907

漱石の連載小説第一作とかで、文章が凝っている
麗句をみがき、禅問答みたいに最後を示さないのでわかりづらい
対照的に、会話は後半にゆくにつれ、よどみなく、的を射たものになる
漱石の小説にしては珍しく、活劇のようにすらすら読めて行く
久しぶりに読むので、結末は忘れていた

秀才の詩人、小野さんが栄達を欲し、世話になった恩師の娘をふって、美人な甲野藤尾を恋する
藤尾の兄欽吾は控えめな哲学者、父が海外で急死し、家督をつぐ立場だが
義理の母からは疎んぜられ、義理妹藤尾に財産を譲って家を出ようとまで思う
欽吾の友人、宗近一はのらりくらりした凡庸とも見える人物
欽吾の父が、かつて一に藤尾をやろうという約束をしたかしないか、一も心得ているが積極的でない
妹糸子はすなおな普通の娘で欽吾を好いている
藤尾は、野暮でなく有望な小野と結婚することをのぞみ、母もそちらがいいと思っている

小野が代理に浅井を立てて、小夜子との結婚を断ったところから急展開する
事情を知った、宗近一が、それまでのキャラと一変してヒーローのように活躍する
宗近家から三台の力車が飛び立ち、小夜子が欽吾を迎えに行く
父は恩師宅を訪れ、事態収拾を任せてもらうよう説得する
一は、小野を訪れ、真人間になれと小夜子との結婚が本来だと再認させる
小野と小夜子を連れて、甲野宅を訪れ、藤尾にはっきりと小野の意思を伝えさせる

気の弱い小野さんだが、小夜子と連れ添うことで後悔が起こらないのだろうか
自ら、好きな人ができたと恩師に断りに行けば、藤尾と一緒になれただろう
いくぶん欲を好むカップルができあがってもそれもありだと思える
プライドを傷つけられた藤尾は憤死してむなしい
かなり高慢な女だけど、自分の欲望に忠実といえば、新しい女のタイプ
うわすべりを嫌う漱石に、女が抹殺されてしまった

この小説は、ドラマ化できないでしょうね
小野さんの翻意が理解されず、藤尾への同情で、ブーイングの嵐となりそう

2019年1月 1日 (火)

ジャンリュックゴダール「軽蔑」1963

男女の心理がかなり複雑なものだと思い知らされる筋立て

脚本家のポールが妻のカミーユと睦み合っている場面から映画がはじまる
ポールはイタリアの撮影所で、アメリカのプロデューサー、ジェレミーと出会い、脚本書き直しを頼まれる
ジェレミーの屋敷に誘われ、妻をジェレミーと先に送り出す
30分も遅れてタクシーでついたポールにカミーユは不信感を募らせる
戻った夕方から翌朝、2人の仲が悪化し、カミーユは夫に強い軽蔑を感じるようになる

カプリ島にあるジェレミーの別荘に呼ばれた2人
ここでも不仲が深刻化してゆく
ちょうど撮影中の映画「オデュッセイア」について、監督ラングとポールが語るせりふで「軽蔑」の理由が明らかになる
オデュッセイアは妻ペネロペを疑い、誘惑者が近づくにまかせた
妻がなびくことはないと高をくくっていたが、事態の収拾を図るためオデュッセイアは誘惑者を殺さなければならなくなる
同じように、最悪の事態に備えるかのようにポールも拳銃を持ちだしてカプリ島へやってきていた
ポールと決裂したカミーユは島を去ってローマで1人暮らすとジェレミーに車で送らせるのだが
ポールには2人が自動車事故で即死したという知らせが舞い込む

プロデューサーへの弱みか打算のためか、撮影所でカミーユをジェレミーと送り出したことがそもそも破局の始まり
単に妻が他の男になびくはずがないという自負があったのか
いずれにしても、相方を同等のものとみなさないポールがカミーユに軽蔑されるのは当然
ラングという知的存在との出会いがポールをくすぐったのか
ジェレミーという経済世界の象徴への知的世界の対抗心が生まれたのか
きままに生きているカミーユの方がもっと確かに生活に触れていたといえる

それでもゴダールが映画という知的世界へのこだわりを捨てられないためだろう
ラストは裏切り者を罰するという唐突な展開になってしまう
罰せられるのは自分自身のはずなんだけれど

随所でなりひびくテーマ曲が事態の深刻化を告げて興味深い
現在の映画では、こんな一本調子な音楽が流れることもない
筋書きは不足だが、異質な作風が印象に残る

2018年12月31日 (月)

おせち料理

ここ数年、おせちも手伝うようになりじょじょにレパートリーを増やしている
28日に、紅白なますを作る
29日に、かまぼこ・昆布巻を買いだし、きんかんを煮る
30日に、おにしめ(ごぼう・人参・里芋・こんにゃく)と栗きんとんを作り、お重につめる
31日に、ぶりを買い出し照り焼き、くわい・松風・伊達巻きを作る

新作はくわいと伊達巻き
くわいは、切れ目をいれても松かさに開かないのが失敗
伊達巻きは焦げ目が行きやすいので要注意

2018年12月30日 (日)

正岡子規「仰臥漫録」

手元に残った文庫類も読み返している
小説はおもしろいものもあるが、あまり心に残らない
中では、子規の日記が印象深かった
子規といえば「病床六尺」がよく知られている
病気に苦しみ、「渡辺のお嬢さんに一晩泊まってほしい」ともらす挿話は覚えているが
新聞に載せた随筆だから、ある程度収まった内容
ところが、「仰臥漫録」は私的な記録だから、内容はよほど違う

前半は事細かに食事の内容が記されている
よく食べる
動けない体で、食べることくらいしか変化を味わうことがなかったとわかるが
食べることが苦しみを減らすとでも感じていたとしか思えない執着ぶり
穀類・造り・佃煮類・果物・菓子類・パン類を驚くほど食べている
それに比べて野菜類が極端に少ないのは、当時の普通な食事なんだろうか
うまみのわかりやすい品に手を出しているという気がする

体の痛みで、絶叫・号泣がしばしば
看護する母や妹が側にいてくれないと、苦痛が増すと怒り出す
「病床六尺」のような随筆を書きながらも、崩れて行く体を少しも御すことができない
わがまましか出てこない日々ながら、明治34年9月21日にこう綴られる

律(妹の名前)は強情なりと責めた文の終わりの方
余の病はいかんともすべし/もし彼病まんか、彼も余も一家もにっちもさっちもいかぬこととなるなり
故に余は常に彼に死あらんよりは、我に死あらんことを望めり

2018年12月29日 (土)

かにすき

P181229kani

ずわいがにを魚屋で注文するとしたら、二万円はかかるという
いきおい、買うのは冷凍の輸入品
昨年はカナダ産をすすめられて試すとけっこうおいしかった
今年もカナダ産を待つが出てこないので、ロシア産を買っておいた
こちらでも3000円ほど
白菜とネギだけで水炊きにして、ポン酢などで食べる
2人だけで食べるので、足は少しとりわけ醤油でも食べる
最後はご飯をまぜてぞうすい

2018年12月28日 (金)

卓球講習六回目

月末には20数段階のレベルテストがあって、毎月最大三段階ずつ昇級できるという
全クリアするには早くても八ヶ月ほどかかる
はじめは簡単、ラケットを握る・表面でボールつき20回・裏面で20回で三段階

練習は、つっつき少し
続いてバックでの台上ドライブをみてもらう
ラケットが左から出ているのが問題だった
 真ん中に構え、バックスイングはしない
 ボールがはねかえるのと同じく落としたひざをのびあげラケットを頂点でこする
 終わりは少しスナップをきかせるという感じ

最後は、コーチから一番の改善メニューを示してもらうとバックハンド
 体が左に向いてしまい、右に向いていない
 ラケットが時に下がっている
 膝を落として、引いたラケットを前に押し出す
バックはこの要領ですると安定し勢いある球が返ってゆく

«なます切り