« 再読の漫画本:久松文雄「ロボットけん ぎんがー」66年 | トップページ | 4か月ぶりの浪漫 »

2016年10月19日 (水)

「夜光虫」2

曙書房、150円、A5判196P
川田漫一「鐘つき堂の凶弾」16P
浜田あきら「犯罪波止場」31P
長谷邦夫「指」縦1/2サイズ16P
神戸重司「独眼兄弟」32P
ヒモトタロウ「スリラア」縦1/2サイズ16P
大川あきら 20P
浜田あきら「ガリガリ博士」1P8コマもの
長谷邦夫「野獣が夜来る」24P
江戸川きよし「亡霊船」32P

夜光虫は初期のプラス画人会のメンバーの作品をあつめた短編誌
川田さんもヒモトさんも、神戸さんもファンだけど短編で収めると生彩を欠いている

« 再読の漫画本:久松文雄「ロボットけん ぎんがー」66年 | トップページ | 4か月ぶりの浪漫 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再読の漫画本:久松文雄「ロボットけん ぎんがー」66年 | トップページ | 4か月ぶりの浪漫 »