« 馬場のぼる「ブータン」54年 | トップページ | 10月ラスト陶芸 »

2016年10月27日 (木)

金光 しげる「国際陰謀団」57年

Kanemitu_kokusai
ひばり書房、130円、B6判128P
西谷刑事と花村三平少年の活躍を描く
英仏学院の正体は国際陰謀団
服部博士の娘玉子を誘拐しようとしたのを花村くんが救う
玉子は英仏学院に入学しているがフランス語が読めるので、ホテル爆破などの書類を見てしまったからだった
日本中の科学者が集う会合の爆破を防ぐが、服部博士は誘拐され車は水中へ消える
さらに設計図を持ってこいの脅迫状が届く
裏をかいて博士を救い出すが、途中でつかまる
その博士は西山刑事の変装とわかり、穴へ落される
本物の博士は取り返した後、車で三平が運んでいた
それを英仏学院副院長が襲い、ふくみばりをあびせて三平ものびる
ヘリで博士が連れ去られる
玉子もさらわれるが、三平が救い、無人島まで追いかけて博士を救い出す
さらにヘリで船に乗り込んで副院長ロザリーを逮捕する
院長は羽田から飛行機で逃げる寸前に逮捕される

金光さんは女性像を描くとつやがあるのだが、初期でしょうか、事件ものには物足りない絵柄となっている

« 馬場のぼる「ブータン」54年 | トップページ | 10月ラスト陶芸 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 馬場のぼる「ブータン」54年 | トップページ | 10月ラスト陶芸 »