« 奈良の昼食:かこむら | トップページ | 「夜光虫」2 »

2016年10月18日 (火)

再読の漫画本:久松文雄「ロボットけん ぎんがー」66年

Hisamatu_gingar
しばらくは初夏の閲覧旅行、上野国際こども図書館の本をあげて、青虫の赤本に触れる
レコード・CD整理が終わったあと、漫画本整理を始めたので再読してコメントをあげようと思う本が数ある
閲覧旅行本と併行してこういう本をあげてゆくことに
順はランダムに、一日一作品をのせる
まずは久松本

「小学一年生」4月号より新連載 10P
登場人物はとおるととなりのえみちゃん
とおるがえみちゃんを誘って洞穴へ探検すると向こうへ抜け、空き地に変な屋敷がある
入ると大きなオバQやロボット蛇が出てくる
みんな自分が作ったんだとひげの博士が自己紹介
博士の作ったろぼっと犬ぎんがーは時間を超える乗り物にもなり、これに乗って冒険が始まる

7月号、12P
中世の町が舞台、パン屋の妹をさらった一つ目大男
その元に運ぶ巨大パンに隠れて侵入したとおるたち
一つ目男は龍の怪物、正体を現し暴れ出す龍を退治してこの話は終了

9月号、10P
ぎんがーをタイムマシンにして昔の島へ向かった二人
けんかして別行動を取るが、えみちゃんは心細い
なんと宝を埋めた海賊が上陸して、えみちゃんがつかまる
とおるがぎんがーと助け出して海賊を退治して仲直り
これは「別冊少年なつ漫王」13号で読む 

10月号、10Pはアメリカ西部が舞台
沙漠で知り合ったトントの父たちが幌馬車を襲う
助けに入ってぎんがーが活躍するが、えみちゃんがさらわれる
取り返しに部落へ向かい、落とし穴でとおるも捕まる
トントが縄を解いてくれ、父と一騎打ちのとおる
反り返ったところ勢いあまった父が川に落ちてワニに食われるのをぎんがーが救って仲直り
これは「別冊少年なつ漫王」7号で読む、11月号は宇宙怪物と戦う巻と予告がある

12月号が最終回7P
映画館で「鉄腕トム」を見たとおるは未来に行きたいとえみちゃんと出発する
未来世界でぼおとしていると警官に迷子と思われ婦人ロボットに送ってもらう
家はどこと聞かれ、うみというと海中に車ごと入る
深海の魚が次々現れ、海の怪獣巨大あんこうに車ごとのみ込まれてしまう
とおるがぎんがーを出して中で暴れ回るとダウンしたあんこうが車をはき出して助かる
ここで連載が終了する

国会図書館のデジタルデータを読めば全回確認できるが、毎回読み切りの短い話なのでこれくらいで十分か

« 奈良の昼食:かこむら | トップページ | 「夜光虫」2 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良の昼食:かこむら | トップページ | 「夜光虫」2 »