« 大迫保介「犯人はきっとくる」57年 | トップページ | 再読の漫画本:久松文雄「ロボットけん ぎんがー」66年 »

2016年10月18日 (火)

奈良の昼食:かこむら

P161016kako05
奈良町からはずれたおいしいお店と教えてもらって行ったのが二年前の11月
昨年はゆけずじまい
あの時の料理は八寸・土瓶蒸し・お造り・揚げ物・酢の物・かやくご飯・白いすまし・果物で3500円のコース
今回は5000円で頼んでおいた

八寸、土瓶蒸しは同じ
お造りが、あこにイタリア産のまぐろ
揚げ物が金時ニンジン(葉も)と白えび
P161016kako06
くずで溶いたきんきとゆりね、なす(煮浸し)の椀
P161016kako07
酢の物がカニ
ご飯が松茸。栗が少し入ったかやくご飯、吸い物にしらうおととろろ昆布 大根の漬け物が極上の柔らかさだった
デザートの巨峰がきれいにむけ、梨もおいしい
P161016kako11
お酒は、春鹿を一合

« 大迫保介「犯人はきっとくる」57年 | トップページ | 再読の漫画本:久松文雄「ロボットけん ぎんがー」66年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大迫保介「犯人はきっとくる」57年 | トップページ | 再読の漫画本:久松文雄「ロボットけん ぎんがー」66年 »