« 関谷ひさし「キャプテン8」62年 | トップページ | 小峰 秀夫「幻の魔術師」57年 »

2016年11月 8日 (火)

11月の浪漫

昨年春からよく利用するようになった和食店
8月、11月、1月とまだ行ったことがなく今回はその11月

まず、このところ恒例の10割そば
続いて、鴨肉の塩ゆでに北海道白ネギ
P161108roman03
おもしろいのがお汁のれんこんすり身焼き
 ただ香ばしさがかって、出しの味が消える

八寸のしたうけがなかなかの四角い木、そのため今回のお膳は丸でなく横長
右から
富有柿ととんぶりの和え物(甘め)・ぶり・カニとカニみそ・
一番左が複雑で、レーズン・松の実・くるみ・ごまをあぶら肝で固めた物
菊の花とむかごのおひたし、ぎんなんの素揚げをくるみあえ
P161108roman04
茶碗蒸しが天然すっぽんの卵とじ すっぽんはやはりくせがある 縁側はあっさりとしているが
ご飯は白ご飯で、香の物、鯖の八丁系味噌煮、鯖骨アラだけで取ったすましがつく

デザートが栗善哉とおもしろい
 下が白小豆の薄い善哉で、栗のチップ、栗甘露煮、焼き栗と混ざって豪華
これが一番気に入った
P161108roman11
器揃えがよくて感心した一席

« 関谷ひさし「キャプテン8」62年 | トップページ | 小峰 秀夫「幻の魔術師」57年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事