« 鶏モモ肉のぱりぱり照り焼き | トップページ | ひじきとアマランサスの佃煮 »

2016年11月 3日 (木)

苅谷 敬一 「怪力孫悟空 1」58年

Kariya_songokuu

兎月書房、130円、A5判128P
128PでA5判というかわりだね

墓の中から現代に甦った孫悟空・八戒・沙悟浄
和尚がなくなった時、一緒に墓に入ったのだが
悟空がきんとんうんを呼ぶがやってこない、皆神通力を失っていた
歩くうち、怪盗0団と出会い、その車に入り込むが、見つかってつかまる
三人は客船の荷物室につみこまれる
その船は、ロケット研究家の花井博士と夫人・こどもたち一郎・雪子がシンガポールから日本へ帰るのに乗っている船だった
船の余興にサーカスが始まり、その幕間に悟空たち三人が売られ、一人10万円でとりひきがある
同情した一郎たちの願いで悟空は花井博士が買い、悟空はライオンや虎は着ぐるみで強盗が入っていると耳打ちする
博士が警戒するようにお客に伝え被害を防ぐことができたが
怪盗団が怒って博士をつかまえ、火を付けて逃げ出す
悟空は天のお釈迦様に頼むと、神通力が戻る
その力で花井博士を取り戻す
沙悟浄の博士に引き取られたが、八戒は赤木博士(0団の一味)に買われていった
花井博士の発明薬により、馬力が戻った悟空
ついでにロケットもつけてもらって怪盗0団を追跡する
その頃、赤木博士はテレビに出て、花井博士にまけたとピストル自殺をする事件が起こっていた
(実は捕らえた刑事をみがわりにしたのだが)怒った八戒が花井博士をさらってゆく
八戒からは「悟空が出たら、花井博士を殺す」と連絡があるので手出しできない
悟空たちは一郎と博士の研究を引き継いで続ける
魔法電波装置が完成すると、博士の行方を電波で捜し出すことができる
また電波で小さくなった悟空は飛んで行き、0団から花井博士を救い出す
出てきた八戒と戦った悟空は一度敗れるが、魔法ボタンを二つ押すと、八戒がのびてしまう
着ている服を脱がすと、それが操る装置になっていたようで悪人の手先になっていた状態から八戒も覚める
0団首領が悟空をさらって逃げ出すが、ボタンで小さくなって口の中へ入って大暴れ
覆面を取った首領は死んだと見せかけていた赤木博士だった

« 鶏モモ肉のぱりぱり照り焼き | トップページ | ひじきとアマランサスの佃煮 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鶏モモ肉のぱりぱり照り焼き | トップページ | ひじきとアマランサスの佃煮 »