« 凡天太郎「白孔雀」55年 | トップページ | ボルシチ »

2016年11月13日 (日)

三町半左「さかなやの三ちゃん」53年

Sancho_san01
「小学三年生」5月号付録10P~17P、30こま
これが所有する一番古い作品
国会図書館デジタルデータでは「中学生の友」52年9月号で「QQQ物語(さんきゅう)」が最も古い
Sancho_san02
魚を売り歩く少年三ちゃん
「いわし、たこ」とかけ声を出していると、たこに似た顔の侍が怒る
三ちゃんに謝れというとたこが怒って頭にひっついて離れない
三ちゃんが引っ張ると、侍の髪はカツラで取れてしまう
追いかけられて下ろされている鯉のぼりの中に隠れるが、侍しつこく入ってくる
口から出た三ちゃんはさっそく鯉のぼりをあげて、侍をやりこめる というもの

この付録は、数頁ずつの短編を束ねた128P、B5判の半分の大きさだが
夢野凡天、はらやすおの中堅に並んで、木の実かず、竹山のぼるの作もある
絵物語も数編あるが、絵師は知らない人ばかり
Sancho_san03
同じ付録中、「とんちばなし うまのにもつ」8P(狭山比与志作)の絵も三町さんがつけている

« 凡天太郎「白孔雀」55年 | トップページ | ボルシチ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

えー国会にも付録の所蔵があるのですか?

toppyさん、谷ゆき子さんの作品で「赤い花白い花」を記事にされていましたね。

図書の家メンバーが「谷ゆき子の世界」本を刊行し、一部で盛り上がっています。
この本の影響で復刻される作品が出れば好いなと思っています。

谷ゆき子さんが学年誌掲載された頃は、対象年齢が私よりも1年下でしたので、
リアルタイムでは殆んど未読です。
「少女フレンド」掲載の頃に少し読んだだけの谷さん作品。

うしおそうじさん「チョウチョウ交響曲」の復刻が出たら嬉しいです!

セシリアさん、またご返事がおくれてどうも・・
この記事の書き方が悪かったようで、付録本は自分で買ったものです
かなり古い時期で念のため調べてみると、「中学生の友」本誌に掲載があるとわかった次第です
おっしゃるように、国会図書館には付録が(あると思うのですが)ないと思えるほど全くヒットしませんね、わたしも検索していてまだ当たったことがありません

「谷ゆき子の世界」は、妻の知り合いがどういうわけか谷悠紀子展示をする(守口の民家で一日だけというのでちょっと行けそうにありませんが)、そのパンフレットで知りました
学年誌の方は67年の「赤い花 白い花」でとまっています
国会図書館デジタルデータで学年誌が読めるので、まだまだ作品はあるのですが、このあたりで疲れてしまいました
もう少し後になると、超展開という新境地が待っていたのですね
谷さんは人々の記憶に残る作品を残しながら学年誌掲載であったため復刻が皆無なんですね、とても残念
一つくらいでたらいいのですが、ただ本当に好きなのは貸本時代の単行本です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 凡天太郎「白孔雀」55年 | トップページ | ボルシチ »