« 小峰 秀夫「幻の魔術師」57年 | トップページ | せこガニと太刀魚の南蛮づけ »

2016年11月 9日 (水)

東浦美津夫「地獄の顔」57年

Higasiura_jigoku
「冒険王」付録スリラーブックの第一話36P読み切り
大嵐の夜、運転手銀次に車ごと谷へ落とされた鳴海不二雄
出入りの医師蛇川が鳴海家の宝を狙っての陰謀
不二雄を山鬼洞の墓場に埋めて、弟、狂二に不二雄そっくりの面をさせて屋敷に送り込む
その頃、山ノ湯温泉に遊ぶ刑事野々宮が退屈しのぎに入った山鬼洞で生き返った不二雄に遭遇した
不二雄は落ちた時の記憶がなく、銀次の故意かどうか調べるため野々宮の力を借りる

ベッドで療養する不二雄を妹波子が看病しているが、そこへ地獄から来た少年というのが現れる
次の夜も現れ、ノイローゼ気味になる不二雄(狂二)に蛇川は自分の療養所へ行こうと誘う
蛇川の悪事を小耳にはさんだ波子も着いいき、不二雄にニセ者だろうと問い詰める
知られたからにはとナイフを出すのを助けたのが、本物の不二雄
狂二から、鳴海邸が危ないと教えられ、かけつける
押し入った蛇川と手下の前に野々宮が立ちはだかり、不二雄も現れると蛇川の悪事が明らかに
撃ち合いの末、蛇川は宝箱を持って車で逃走するが、雷に打たれて命を落とす

スリラーにしてはひねりがなく、絵も一番ゆったり甘い時期でスリラーには不適

« 小峰 秀夫「幻の魔術師」57年 | トップページ | せこガニと太刀魚の南蛮づけ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小峰 秀夫「幻の魔術師」57年 | トップページ | せこガニと太刀魚の南蛮づけ »