« 牧美也子「緋紋の女」72年 | トップページ | 石森章太郎「剣豪少年」57年 »

2016年11月27日 (日)

「若草」創刊号 58年

Uzwakakusa01
あずま社、150円、A5判144P

田中美智子「心は清く」36P
大竹昌夫「黒い紐」
山田広美「走れ嬢二」
三井美代「涙の小雨」
山中和美「まぼろしの妖精」
Uzwakakusa03
田中さんの作品、絵が印象的
みどりは明るい少女だが、左頬にあざがある
母が不注意で幼い頃つけてしまったものだが、みどりは美しい心を持つ娘に成長した
母はそのしあわせを祈るばかりだった
醜さをそのまま描き、不幸な話にしないという作品はあまり見かけない
田中さんの絵が美しくいきた好作品
Uzwakakusa04
大竹さんの「黒い紐」はシャーロック・ホームズ物の漫画化
山田さんの作品は66年2月の「りぼん」増刊号に載った泉ゆきお「ロミの7号車」と同じような内容
Uzwakakusa05
レーサーの嬢二には心臓が弱い妹サヨがいる
兄はそれを心配してレースに勝てない
兄はレースを止めるとサヨに告げるが、嬢二は最後のレースに向かう
嬢二は奮戦し、ジャガーを抜いて先頭に立つが
兄が隠したラジオを聞いてしまったサヨは興奮のあまり死んでしまう
細部が違うので、この作品をもう少し進めて「りぼん」に書き直した様子

三井さんは素人っぽい絵柄
Yamanakak_uzwaka01
山中さんの絵は整っていて、だれかの別名義だと思われる

« 牧美也子「緋紋の女」72年 | トップページ | 石森章太郎「剣豪少年」57年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牧美也子「緋紋の女」72年 | トップページ | 石森章太郎「剣豪少年」57年 »