« 曽根富美子「もぎたてのシンデレラ」83年 | トップページ | 高山和雅「奇相天覚」91年 »

2016年11月 2日 (水)

中野 正治「青い鳥」51年

Nakano_aoitori
曙書房5/20発行、75円、B6判80Pハードカバー
お祭りの夜、おとなるのベルラングおばさんがチルチルとミチル兄妹のところへやってくる
娘の病を治すため青い鳥を探しに行ってくれとの頼み
おばさんが手をふると、兄妹の服が美しく変わる
心の目が開くと兄妹にはおばさんが若い娘に見える
二人はバッグに牛乳の精、砂糖の精など妖精たちをお供にいれて出発
青い鳥は貧しい家の正直なこどもにだけ見つけられるのだとおばさんが教える

思い出の国、魔法の花園と進んで、森では柏の大王と対面する
青空の国で青い鳥を見つけてもらってくるが
戻るとおばさんの娘ジューイちゃんはもう直っている
二人の家にいた青い鳩のおかげとわかって、鳩を空に放してやる

原作に少し手を入れ、子ども向けの童話漫画に仕上げている

« 曽根富美子「もぎたてのシンデレラ」83年 | トップページ | 高山和雅「奇相天覚」91年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 曽根富美子「もぎたてのシンデレラ」83年 | トップページ | 高山和雅「奇相天覚」91年 »