« 佐藤史生「夢みる惑星」82年 | トップページ | かやくご飯 »

2016年11月21日 (月)

「鉄人創刊号」

Uztetujin01
第一プロ発酵、200円、135P
佐藤まさあき「白昼夢」37P
都島京弥「全員射殺」30P
みやわき心太郎「未知の世界」1P
辰巳よしひろ「最後の日」62P

表紙には4名の名があがるが、みやわきさんのものは1Pのイラスト風のもの
3作品では佐藤、辰巳作品が興味深い

「白昼夢」は
上野動物園でスケッチする佐藤
動物がいないオリがあるので不審に思い自分が入って通路をくぐると
22世紀末の未来世界へ入り込み、水星人や金星人、火星人の展示がある
再び通路をくぐると現実世界で、本当にそんな通路があったのかというラスト

「最後の日」は
50万円のダイヤを盗んだ男に金を見せ、これこれの品を取ってきてくれを紳士が依頼する
時間が止まるからなんのことはない作業といわれ紳士は実行する
本当にみんなとまっていて、貴重な美術品などを集めてくる
紳士は円盤にそれを積み込んで出発しようとする
男はなんでもし放題だから時間加速器をくれを頼むと紳士は「後悔するぞ」と言い残して置いて行く
次の瞬間、地上で大爆発が起こる
地球規模の核兵器使用が起きて、地球最後の日だった
紳士はその地球から大切なものを最小限運びだそうとした
男は、時間加速器を止めれば地球とともにたちまち滅んでしまう
止めたままだと地獄のような破壊を死ぬまで味わうだけだ
退屈に耐えきれず、時間スイッチを戻し、死の道を選ぶという内容
Uztetujin02
なかなかよくできた話でおもしろかった

« 佐藤史生「夢みる惑星」82年 | トップページ | かやくご飯 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐藤史生「夢みる惑星」82年 | トップページ | かやくご飯 »