« 山上たつひこ「光る風」72年 | トップページ | 北条 秀夫「あしたの夢」58年 »

2016年11月 6日 (日)

おでん:煮込み時間の試行錯誤

昆布をまず入れ、あとで袋に入れた鰹節で味を足す
醤油・酒・砂糖・みりんを適当に加えての調整で味はなんとかできるようになった
(それまではおでんの素を使っていたから)
おでんは作って三日目くらいが味がしみておいしくなるので、今回は四日目に食べることに
これで味はしっかりついているのだが、ネットのレシピをみると煮込み時間が短い

うちでは最初に2時間ほど煮込んで、練り物を入れて1時間
翌日、翌々日に温め直しに30分くらい

どうも練り物から味が出るからと煮込んでいたのは間違いらしい
出汁は出るが、練り物の味が損なわれるという

煮込み時間短縮には大根の下ゆでと、こんにゃくの隠し包丁が必要だった

« 山上たつひこ「光る風」72年 | トップページ | 北条 秀夫「あしたの夢」58年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事