« 横山光輝「伊賀の影丸」由比正雪の巻 62年 | トップページ | 山本鈴美香「エースをねらえ!」73年 »

2016年11月22日 (火)

「剣1」

Uzken01
三島書房発行、150円、A5判96P
社領系明「阿修羅鬼剣」26P、辻斬りの魔剣に挑む小太郎
入江修「刃影天狗剣」20P
金子晴夫「風雲鍬間流」15P
吉田松美「謎の少年剣士」10P
さいとうたかを「剣鬼敗れたり」20P
Saitouuzken01
 雨の中、戦って倒れている剣士早川を助けた小畑先生と新吾
乱れ糸の構えで無敵の南条に小畑先生が試合を申し込まれる
小刀を投げつけ、よけると太刀で斬ってくる
早川は恩返しと先生のかわりに果たし合いに出て、先生たちがかけつけた時には勝っていた
去る時、礼に渡した名刀白菊で一刀流達人真女男一郎とわかる

気になるのが金子さん
Uzken03
侍になると百姓を捨て、江戸へやってきた勇太郎
侍とけんかになり、田舎で練習していた鍬間流をためす
二人は倒し、三人目に切られそうになったところを千葉周作が救う
独自の剣法を工夫した勇太を見込んで弟子にする
そうして深川神社の奉納試合に出た勇太郎は鬼塚流の息子と対戦して破る
試合前に会いに来ていた妹、美(よし)を試合に差し支えると先生は控えさせていた
試合に勝って、美のことをきいて一人飛び出した勇太郎はねたむ鬼塚一門に銃で撃たれて死んでしまう

ちょっと単純な話だが、絵はいきいきとしている

« 横山光輝「伊賀の影丸」由比正雪の巻 62年 | トップページ | 山本鈴美香「エースをねらえ!」73年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横山光輝「伊賀の影丸」由比正雪の巻 62年 | トップページ | 山本鈴美香「エースをねらえ!」73年 »