« 長谷川町子「サザエさん 41集」63年 | トップページ | 長谷川町子「サザエさん 40集」63年 »

2016年12月23日 (金)

藤咲のぼる「ひとりぼっちの丘」58年

Fujisaki_hitori01
ひばり書房3月発行、130円、B6判128P
父は美空美智也、歌手になろうと努力している
家は貧しく、母が支えていたが苦労して一年前になくなった
ようやく父は認められて人気歌手となったが、忙しくけい子はひとりぼっち
運転手の黒木三郎くんはけい子に同情しているが
屋敷に女中で新しく来たのが三郎の同じ村の木坂さんという娘
チャーちゃんと呼んでけい子の親しいともだちになる
墓参りの日、父にチャーちゃんがけい子ちゃんにもう少し一緒にいてあげてと願う
女中がよけいなことをいうなといわれてチャーちゃんは女中を止めると言ってけい子のことを頼んで去ってゆく
Fujisaki_hitori06
けい子はチャーちゃんのところへ行こうと駅からは村へ歩いて行く
反省した父は歌手を止めてけい子と暮らそうかと思い始めている
その時、稼ぎの200万円を村のダっちゃんにそそのかされて三郎が持ち逃げする
歌手を止めるなら、その資金が必要だと父は三郎たちの車を追って村へ
三郎は父に見つかるが、一人金を持ち逃げしようとしたダっちゃんは雪の中倒れているけい子を見つけ、命には替えられないと応援を呼ぶ
三郎と父がかけつけ、けい子を抱いて、チャーちゃんの家へ
娘を救われた父は、50万円を三郎にあげ、それで牧場を買い戻した三郎はダっちゃんを雇う
父はチャーちゃんと結婚して、けい子のお母さんになるという結び

素朴な絵ですが、ストーリーは悪くない

« 長谷川町子「サザエさん 41集」63年 | トップページ | 長谷川町子「サザエさん 40集」63年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長谷川町子「サザエさん 41集」63年 | トップページ | 長谷川町子「サザエさん 40集」63年 »