« 丘ゆめじ「野バラの歌」59年 | トップページ | 要一太郎「夕空はれて」57年 »

2016年12月10日 (土)

浦野千賀子「アタックNo1」68年

Uraga_atack1
「週刊マーガレット」連載、70年まで
バレーボール人気の頃で「少女フレンド」では望月あきら「サインはV!」、月刊誌「りぼん」では井出ちかえ「ビバ!バレーボール」
集英社文庫版7巻で読む
Uraga_atack1b
富士見中学へ転校してきた鮎原こずえが落ちこぼれ女子生徒と第二バレー部を立ち上げ、本バレー部に快勝する
鮎原に続いて転校してきて敵意を持っていた早川みどりも戦力となり
本郷先生コーチのもと本部も第二部もみな部員となり、県大会で優勝
鮎原のスパイク力を武器に福岡中学を破り全国優勝を果たす

2巻目では、キャプテンとして厳しい練習を課したため部員からスカンをくい、一時体操部に所属する
これは本郷先生たちのもくろみもあり、鮎原の回転レシーブに役立つ
バレー部は春の全国大会の最中
決勝戦でまた福岡中と対戦する富士見中は鮎原をかいて苦戦していた
後半、鮎原が参戦しておいあげるが、ねんざのため優勝を逃す

3巻目では鮎原は早川と日本代表選手に選ばれて猪野熊大悟コーチ(ひげそった顔がハンサムで笑っちゃう)のしごきにたえる
Uraga_atack3b
国際親善試合で鮎原は回転を加えたスパイクでソ連を破って優勝する
、宿敵ソ連チームと対戦とどんどん話が発展す

4巻目、富士見高校へ入ったが、バレー部キャプテン大沼の独裁にバレー部を去る鮎原・早川
しかし美沢学院との対戦試合で部が敗れると清水先生が顧問にたちあがり、二人も戻る
再試合ではみごと雪辱、岩島五郎先生を監督に迎えて県大会に優勝

5巻目では、岩島先生が郷里へ戻ってしまい、鮎原が親しい務が事故でなくなる
決勝は八木沢三人姉妹が主力の寺堂院
三位一体からの稲妻攻撃に対して、トスを回転させさらに回転を加える回転スパイクで鮎原は対抗する
利き腕左手をけがして、右手スパイクをするが回転が消されて、レシーブを許し敗れる
Uraga_atack5b
6巻目
二年生になった春の全国大会
姉妹の一人が卒業した寺堂院には勝つが、決勝でコンピューターを頼りに戦術を組む東南女子に苦しむ
接戦のすえ優勝した富士見高校のライバルはレシーバーの腕を破壊するほどのスパイカー山本が移った青葉学院
本郷先生が富士見の監督に戻ってのぞんだ夏の大会

7巻目
富士見高校は後ろへレシーブして山本のスパイク力を吸収する方法をとる
最後は、鮎原が試していたスパイクを成功させて青葉に勝つ(天井に向けて打ち上げ急速に落下させるという竜巻スパイク)

鮎原は日本代表に選ばれ、ブルガリアへ国際試合に
サーブにも竜巻落としを取り入れた鮎原の活躍で日本チームは勝ち進む
決勝戦、ソ連のシュレーニナは得意のジャンプ力をいかし竜巻落としを上でダイレクトにスパイクするやり方で破る
敗色濃い日本チーム、一度は控えになった鮎原はいちかばちかの戦法を試す
ダイレクトスパイクに対して自分もジャンプして打ち返すことでやり返す
さらに四つに見えるサーブを編み出すが、大差を覆すことができず日本は敗れる
この試合で目覚ましい活躍をした鮎原が最優秀選手に選ばれて、長期にわたる連載が終わる

鮎原が頼りとする務がなくなったあと、その双子の兄にあたる竜二(養子にやり養父母はなくなっていた)が現れたり
盲腸炎で入院した時に知り合った大学生湯島さんとのラブロマンスをはさんだりする
湯島さんは鮎原をなくなった妹のかわりとして慕い、しだいに愛情に代わる
婚約者があったため板挟みに苦しみ、自分を見つめなおすため外国へ出てしまう
鮎原も盲腸炎が実は子宮摘出と知って悩む
湯島は婚約者を選んで、恋は終わるのだが
6巻目以降はさまざまな要素を盛り込みながら進む展開に
Uraga_atack7b
日本代表チームに選ばれての国際試合は魔球のオンパレードでそれまでの流れをくずしてしまった

« 丘ゆめじ「野バラの歌」59年 | トップページ | 要一太郎「夕空はれて」57年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
懐かしい「アタックNo・1」を当時はテレビアニメでも見ていました。
「マーガレット」連載時は最終回が「ガラスの城」と1号違いでしたけど、両作品とも
どんな終わりかたをしたのか、読んでいたのに忘却。再講読して確認しました。

努君に双子の兄弟がいたり、子宮の病気にもびっくりしました。

「ビババレーボール」もリアルタイムに読んでいたし、「サインはV」もテレビドラマで視聴(試合の場面はつまらなかった)。
マンガは後に中央公論の総集編で再読。

当時はそれぞれの作品ともに趣向を凝らして面白かった。

ご返事おくれています、どうもどうも
コメントをもらって見直していたら作者名を浦賀と間違えていました
さっそく訂正、細かい間違いがたくさんあるようですみません

浦野さんのこの有名作はきっちり読んだことがありませんでしたが、文庫で通して読むと思った以上にハードでしっかりした作品だと知りました
浦野さんの作品は他に復刻されていないようで残念です
絵柄やストーリーの迫り方がちょっとこってりしすぎるきらいはあるけれど・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 丘ゆめじ「野バラの歌」59年 | トップページ | 要一太郎「夕空はれて」57年 »