« 忠津陽子「満月城へようこそ」76年 | トップページ | 池田理恵子「オルフェウスの窓」75年 »

2016年12月15日 (木)

酒井まさじ「ないしょの小箱」

Sakaim_naisyo01_2
昌和漫画出版、130円、B6判128P
この人は青虫のこの本しか見当たらない、Returnsには記載がない
少年像は古めだが、少女像が新しめ、58年以降の作品でしょう

エミは大事なオルゴールをすりの少年にとられ、一郎が追いかける
少年たちは妹チヨコに贈り物とするつもりだった
ふみ子のおじいさんが同じものが家にもあるといい、それはバクダッドの五つのオルゴール姫の一つだという
バクダッド王国は現在、ランカーン派の自由党と、あくらつな目茶党の二つに分かれ王位を争っている
王を決めるには五つの人形がいるのだが、それがどういう経緯か日本で売られていたとわかる
Sakaim_naisyo03
おじいさんを襲うを二人組から救った老紳士
白髪だがバクダッド王国の医学博士、自由党に属し王女を助けている
エミは目茶党からオルゴールを奪い返し、捕まっていた王女も救い出されスワン号で王国へ帰ってゆく
エミは母の病もなおり、オルゴールのお礼にオルゴール人形が贈られてくる
もう一つはふみ子に、もう一つはチヨコにも

« 忠津陽子「満月城へようこそ」76年 | トップページ | 池田理恵子「オルフェウスの窓」75年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 忠津陽子「満月城へようこそ」76年 | トップページ | 池田理恵子「オルフェウスの窓」75年 »