« 片岡 芳太郎「戦国坊や武勇伝」?年 | トップページ | つげ義春「蟻地獄」60年 »

2017年1月21日 (土)

1月陶芸3回目

P170119wan
二枚の皿に下絵具を塗るだけの作業だが二時間近くかかる
まず下絵具がはじめてなので12色ほどある色から半分選んで、筆で塗ってみる
赤をはずして、緑青、トルコブルー、ひわ色、柿色、黄色と使うことに
一枚目は半渦の図柄、トルコブルーを抜いて4色で塗る
白土の部分を残しながら塗るがわりに目立つのでほとんで塗りこんでしまう
二枚目は三角図柄、5色塗るがトルコブルーが弱く一枚目より迫力にかけた
どちらの皿も素焼きすると黒土が灰色になっていてコントラストが弱くなった
あとは透明釉薬をかけてもらって、もうすこしぴりっとするかどうか

表黒天目、裏辰砂で酸化焼成のスープ深椀ができてきた 三つで3200円
次回は変形角皿に呉須で絵を描く難作業がある

« 片岡 芳太郎「戦国坊や武勇伝」?年 | トップページ | つげ義春「蟻地獄」60年 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 片岡 芳太郎「戦国坊や武勇伝」?年 | トップページ | つげ義春「蟻地獄」60年 »