« 学園前フレンチ:プレジール | トップページ | 狩矢 宙「幽霊塔の秘密」?年 »

2017年1月28日 (土)

手塚治虫「舞踏会へ来た悪魔」57年

Teduka_butoukai

「少女」1月号、8P読み切り

舞踏会にやってきたリード警備隊長が、革命軍の首領「ドナウの狐」が今夜まぎれこむようだと警告する
会が始まると、リリーの踊りの相手にと仮面をかぶったリードが申し出る
前へ「ドナウの狐」からのリリー殺害の文がナイフにつき刺さっている
休むリリーを襲うのは、狐をかたる財産ねらいのおじだった
救ったのはピエロ扮装のリード隊長
隊長は、ドナウの狐がリリーの母親だと知っていて、事件を疑っていた
リリーに寄り添っていた仮面のリードこそがドナウの狐だと知っていたが
舞踏会の今宵は母としての狐を見逃そうといきな計らいをする

少年誌では「ピストルを頭にのせた人々」がタイトルが気を引く
少女誌ではこの作品か

« 学園前フレンチ:プレジール | トップページ | 狩矢 宙「幽霊塔の秘密」?年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学園前フレンチ:プレジール | トップページ | 狩矢 宙「幽霊塔の秘密」?年 »