« 秋篠の森レストラン なず菜 | トップページ | 岡田 まさお「白雪姫」?年 »

2017年1月16日 (月)

諸星大三郎「生物都市」

Morobosi_seibutu

「少年ジャンプ」第七回手塚治虫賞受賞作、31P
イオから戻ってきた調査船は、生物と金属を融合する生命体を持ち帰った
調査船内の人間はすでに機械と融合し、宇宙基地から次々と日本に伝染していく
基地で父が働く広明少年は、宇宙船を見せてもらおうと自転車を飛ばすが
途中でパンクしてあぜ道を歩いていったのが幸いして金属融合をまぬかれる
すでに金属にのみこまれつつある父が広明に、機械類を捨てて逃げろと教える

船長に会いに馬で向かった高木博士も馬の蹄鉄から融合に巻き込まれる
博士は、金属と一体となった船長から、星が冷えたイオ星人が機械と融合する道をとったのだと聞かされる
それはすべてがつながるユートピアとも見える

広明は、もともと自然の中で暮らしていたおじさんと文明から離れて暮らし始めるが
腰の痛みで悩んでいた広明のおじいさんは、融合してかえって苦しみがなくなったと喜んでいる
金属融合というアイデアがすばらしいのだが、それが正解か間違いが決めることなく描いているところがまたユニーク

« 秋篠の森レストラン なず菜 | トップページ | 岡田 まさお「白雪姫」?年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋篠の森レストラン なず菜 | トップページ | 岡田 まさお「白雪姫」?年 »