« 河原 たろう「拳骨ちょび助」50年 | トップページ | 鴨川つばめ「マカロニほうれんそう」77年 »

2017年1月25日 (水)

新大宮和食:枯淡

P170124kotan1
ほん駅前の食事処、電車で向かう
ビルの一階だが通路奥にあるので通りの看板を見過ごすとわかりにくい
二人だがテーブル席へ通される、下が温暖カーペットで温かい

先付は赤貝のぬたあえ
続いてお椀、蟹しんじょうに蕪・初タケノコ(鹿児島)・ちんげんさい
お出しはあっさりめだがおいしい、なんといっても柔らかい蕪がよかった
P170124kotan2
八寸に刺身も入っている、マグロとあおりいか
左がヤマモモ・卵かまぼこ・鮭酢の物・タコ煮物
黒豆と三度豆のごまあえ(ゴマの味がきいている)
右が金目鯛の味噌漬け焼き・ともぎにふきのとう味噌・くわい素揚げ
P170124kotan3
牛肉の朴葉焼きも下の味噌がいい味
これにご飯と漬物
P170124kotan4
デザートがいちごとヨーグルトのアイス

3000円のランチなので迫力ある皿はないが
朴葉焼きがおもしろい趣向でご飯によくあう
お汁の蕪、八寸のタコの柔らかさとなかなか丁寧な仕上げで気に入った

« 河原 たろう「拳骨ちょび助」50年 | トップページ | 鴨川つばめ「マカロニほうれんそう」77年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 河原 たろう「拳骨ちょび助」50年 | トップページ | 鴨川つばめ「マカロニほうれんそう」77年 »