« 学年誌の花村えい子 | トップページ | 青池保子初期作品 1965年 »

2017年1月10日 (火)

青虫の赤本

昨年、青虫で閲覧した漫画単行本は昨日までで終わり
きっちりと中身を読んでいないが、赤本はざっとタイトル・作者・発行所・ページ数を確認した
絵柄も収めたので、参考に紹介していく
赤本の場合も、表紙と中身の絵が違っていることが多い
ネットで紹介される赤本は表紙だけのことが多い
まんだらけZenbuで紹介される本も表紙のみということが多い

青虫の赤本コーナーにおかれている本は豪華なB6単行本の装丁ができるまでの本が並ぶ
1946年から1950年は薄っぺらい粗末な赤本
50年以降55年までは、平綴じの単行本といった装丁の本が多い
両方、赤本という名称でくくっておくが、いずれ分けるのがよいだろう
プランゲ文庫に収録されているのは、49年までの赤本時代
青虫ではプランゲに見当たらない作家のものが多数収録されているのがおもしろい

« 学年誌の花村えい子 | トップページ | 青池保子初期作品 1965年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学年誌の花村えい子 | トップページ | 青池保子初期作品 1965年 »