« 手塚治虫「こけし探偵局」57年 | トップページ | 丘怜二「花に誓わん」?年 »

2017年1月12日 (木)

豚薄切れの酢豚

P170111subuta
購入した「中華のきほん」によって料理を始めている
薄切れ肉で酢豚を作るというがおもしろく、まずそれから
火が通りやすく、食感も柔らかいのでこれはいいかも
ただ二度揚げる利点があまりぴんとこなかった
160度で揚げておいて、仕上げに180度で衣をかりっとさせるとあるが
すぐに餡をからめて食べない場合はそんなに違いがあるのだろうか
レシピの餡はケチャップ味が強く抑えたほうが好み

レシピは野菜は生野菜にしてあるのが変わっている
生野菜は作り置きに適さないので、ピーマン・人参・タケノコをいためた
酢は中国酢2に米酢1だが中国酢を買っていないので、米酢で間に合わせ
深い味が出なかったかもしれない

香辛料として、この酢と花胡椒は買ってみよう
紹興酒を使うが、この味は嫌いなので、それは日本酒で代用してゆく

« 手塚治虫「こけし探偵局」57年 | トップページ | 丘怜二「花に誓わん」?年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手塚治虫「こけし探偵局」57年 | トップページ | 丘怜二「花に誓わん」?年 »