« するが じゅん「バンビ」51年 | トップページ | せいごう「石童丸」?年 »

2017年2月28日 (火)

ちばてつや「ママのバイオリン」58年


「少女クラブ」7月号~59年5月号連載
全体が800ページにもおよび、11か月の連載だからほとんど付録で掲載されたことになる
ちばてつや全集3巻本で読む

パパがいないまなみは新聞配達をしてママを助ける少女
ママのバイオリンを譲り受け音楽家になることを夢み、犬のドリもいて貧しいながら楽しい暮らしを送っていたが
屋台をしているママがお客が落とした風呂敷包みを拾ったことで悲劇が始まる
青年は強盗の一味、仲間二人が持ち逃げした青年(水島)を追ってきてママの包みを見つけ襲い掛かる
ドリが飛びかかってそのすきに逃げたママは雨にうたれて結核に冒される
ドリは男たちにつかまり、さんざんうちすえられて放たれた
この速度なら追いかけられると家を見つけるつもりが、ふりきり弱っているのを夜警さんに介抱される

ママの入院費をかせぐため町でバイオリンを弾くまなみ
変に思って病院を抜けたママはその姿を見て心傷める、運悪く倒れてきた材木にあたって記憶喪失となる

通りかかった水島青年が小包を聞き出そうとママを連れ去るが、ママのやさしさに触れしだいに改心する
アメリカに渡った兄を訪ねたくて金が必要だった水島青年はねっからの悪人ではなかった
家で500万円が入った小包を見つけたまなみが交番に届けようと家を出るとドリが走ってくる
しかしドリを悪人たちが追いかけてまなみの小包を見つける
そこへ水島も来合せて、まなみを助けて逃がす
まなみが轢かれそうになった車がたまたま500万円を奪われたクラークさん
事情を知ってまなみを住まわせ、娘マリアンヌとも親しくなる
クラークさんはまなみを元気づけるために著名なバイオリニスト雪村先生に習わせる

ママの病気が重くなり、水島青年がまなみを捜しだして連れてくる

2巻目
せっかく手術が成功して記憶も戻ったママだが、川に落ちたまなみを救おうとしてなくなってしまう

クラークさんたちもアメリカへ帰ってゆくあてがないまなみは、すりにつかまりほかの四人のこどもたちと手伝わされる
みんなで逃げ出して辻芸人のおじいさんと芸をして回るがまたあのすりに見つかる
今度は、水島さんが現れて助けてくれる
水島さんはまなみを雪村先生のもとへ連れ戻す

3巻目
リサイタルの日、働き先が密輸にかかわっていると知った水島さんが抵抗しておおけが
それを聞いたまなみは演奏をしくじり逃げ出して町へ
新聞で辻芸人のおじさんたちが雪山で行方知れずと知ったまなみは一心に山をめざす
雪で倒れたまなみは修道院の尼さんに救われる
その前の家が密輸団の親分の住まい
疑いが晴れた水島さんは親分をやっつけにその家へやってきてまなみと再会する
職がない水島さんは屋台をやろうとするが資金がない
まなみがバイオリンを売って屋台もでき稼いだ金で買い戻そうと行くとちょうど売れたところ
買主は指揮者コールマン、バイオリンがストラディバリだと驚いているがママの形見という話を聞いて返してくれる
呼ばれた演奏会ではマリアンヌがピアノを弾いていて、最後の曲にまなみのバイオリンと合奏したいという
コールマンさんも許し、まなみの演奏は聞く人の心を動かし、アンコールが続く
大バイオリニストになるとコールマンさんはまなみをアメリカへ連れてゆき勉強させることに
兄に会いに行けるよう雪村先生が費用を出してくれて水島青年もまなみと一緒に旅だつところで物語が終わる

内容は貸本漫画にあるような、音楽をめざす少女、母の悲しい死と決まりパタンだが、絵がとびぬけて美しい

« するが じゅん「バンビ」51年 | トップページ | せいごう「石童丸」?年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« するが じゅん「バンビ」51年 | トップページ | せいごう「石童丸」?年 »