« 牧英三郎(望月三起也)「戦国忍法帳」64年 | トップページ | さくらい 太郎「腰抜け二人旅」?年 »

2017年2月15日 (水)

ラーメン:一望


外でラーメンを食べることはめったにない
札幌で食べて以来、三年ぶり
実家と家を往復すると、車で通る道がてら行列ができているラーメン店が三つほど富雄にある
まず有名になった三つ葉、アノラーメン研究所、通りの向いにあるので名前が見えないお店
実家の近くにも一二年前に開店してはやっていそうなとんこつラーメン屋がある
歩いて数分、ここは行列もないし、三つ葉みたいに売り切れ終了ということもない
ネットで見るとけっこう評判もよく、店内もきれい
そろそろリハビリで外を歩く機会を増やそうとお昼ごはんに出かける

食券を買って注文というのが変な感じ
一番基本的そうな一望とんこつラーメン720円を頼む
出てきた出汁がまた濃い、これよりさらに濃いのもあるようだが
濃い割に辛くはなくてよかった
メンもしっかりして、チャーシュー(焼きと生があり焼きを頼む)・メンマもおいしい
お汁は濃くて半分残す
ざらっとした粉が下に沈んでいて魚の骨かと思っていると、豚骨を砕いたものをまぜているらしい
悪くはないが、もう少しあっさり目が好み

« 牧英三郎(望月三起也)「戦国忍法帳」64年 | トップページ | さくらい 太郎「腰抜け二人旅」?年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牧英三郎(望月三起也)「戦国忍法帳」64年 | トップページ | さくらい 太郎「腰抜け二人旅」?年 »