« 手塚治虫「あけぼのさん」59年 | トップページ | 四宮 三郎「魔王王子」?年 »

2017年2月24日 (金)

奈良和食:つる由

P170221turu01
奈良にお茶を仕入に行くついでに昼食を
リンコントロが少し遠いので田村茶舗の近くの和食屋
何かの特集で知っていて、いろいろな材料が楽しめるとあって一度行きたかった店
評判をみると、テーブルはカウンターの声がうるさいらしく、部屋をとる
予約した後、ネットを見ると駐車場があるようで、近くの喫茶の横に四台
車で行ってそこへ止め、帰りに少し寄り道してお茶を買って戻る

さて、店に入ると奥の座敷に通される、座敷は四つほどある(二階もあるらしい)
料理は次々運ばれる
きすのこぶじめ 普通食べるきすのやわい身でなく締まっているのがおもしろい
そら豆のお汁 美しい色合い
さえずりのぬたあえ
いいだこと菜の花の煮物 煮物というよりあえものか、あっさりした出汁
お椀がタケノコとはまぐり はまぐりは野生味あふれ、タケノコはあまい
P170221turu07
刺身がイカ・まぐろ・ヒラメ ヒラメがいきがいい
高坏に二つおしずしがのる あなごとさば さばも青臭いない
焼き物はさわらの西京焼きと平凡だが、さわらが実においしい
煮物椀はしゃれた器 小芋・ピーマン・にんじん・小松菜・うど・湯葉
揚げ物が山菜としゃれている タラの芽・ふきのとう・こごみ 魚がわかさぎと白魚
P170221turu13
そしてご飯はせいろ蒸しの豆もち米 とうふの味噌汁と香の物がつく(昆布がいい)
デザートはくずもち やわらかく冷やしてありとても良い食べ心地

八寸がなく小鉢が多いのは小料理屋さんで酒の肴を出す要領に似ている
味つけは薄くてうまくついているので食べやすい
器も趣向豊かで楽しい
難をいえば、出てくるスピードが速く、酒を飲まなかったので一時間で一回りする
部屋をとったので落ち着いて食べることができる
お客は多くないようで、テーブルでもうるさくなかったようだがカウンターの真横だから客が多いと問題があるのかも

評判通り材料が豊富に出てくる
料理の種類・見せ方や調理法にもう少し凝ったところがあればさらによかった 

最近できた白(百に一足らないから九十九でつくもと読ませる)が魅惑的な仕上げで評判になっているのを予約してから知った
次は白へ行ってみよう

« 手塚治虫「あけぼのさん」59年 | トップページ | 四宮 三郎「魔王王子」?年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手塚治虫「あけぼのさん」59年 | トップページ | 四宮 三郎「魔王王子」?年 »