« 立津 梯十「若草物語」?年 | トップページ | 辰野 じろう「悪魔とクリーム姫」?年 »

2017年3月13日 (月)

手塚治虫「リボンの騎士」53年

「少女クラブ」連載
王子として育てられた姫サファイア
お祭りには女の子のかっこうで出て、年に一度のお祭りにやってくる隣国の王子と踊る
王子にまた会いたく、競技大会を開いて招待する
サファイアを殺して自分の息子を国の跡継ぎにしようとたくらむジェラルミン大公は隣国王子の剣に毒を塗る
サファイアと王子の模範試合がはじまり、事態を知った天使チンクが剣を飛ばすが
運悪く王様の馬にあたって暴れた馬のため王様がなくなる
剣に毒が塗ってあると王子が牢獄へ入れられる
サファイアは乙女になって王子を逃がす
サファイアが即位するとたくらみが無駄になると、ジェラルミン大公は王妃に自白剤を飲ませる
即位の日、王妃はサファイアが女であることをしゃべってしまう
国民をだましたと、王妃とサファイアは牢獄へ送られた

悪魔が男勝りの娘へケートを女らしくするため、サファイアをさらって心をとろうとする
チンクが取り戻しに来たので、サファイアを白鳥に変えて空へ飛ばしてしまった
隣国の王子のところへ行き、紙で亜麻色の髪の乙女ですと伝え、取り返しに来た悪魔の手に入るのを防ぐ
人間に戻ったサファイアは乙女ではなく敵国の王子と映って、牢獄へ閉じ込められることに
しかしサファイアが亜麻色の髪の乙女と似ているのを疑う王子は自分も町の人間に扮してサファイアをわざと逃がして待つ
ことのしだいを盗み聞いたサファイアは男の子のかっこうで王子に近づき亜麻色の乙女に会わせると約束し
姿を変えてサファイアは王子と逢瀬を楽しむこと数日
牢獄で母が死んだとうわさがあって飛んで帰る

2巻目
うわさはジェラルミン配下ナイロン卿のわなで窮地に陥るサファイア
悪魔が出て、女の心と引き換えに姿を変える魔法を授ける
城へ入ったサファイア
そのころ、チンクの教育でばか若様から普通の頭になったプラスティック
サファイア暗殺に失敗してしばり首を恐れたナイロン卿が毒薬で大公を殺害する
プラスティックは女の王でもかまわないとサファイアに王位をゆずる

悪魔との約束で女の心を奪われたサファイア
その心をもらってやさしくなったへケートは王子を愛する
しかし悪魔としれ、愛してもらえないことを苦に自殺する
チンクは女の心をサファイアに戻すのだった
ナイロン卿は隣国のシャルネ殿下(王子の叔父上)と組んでサファイアの国を乗っ取り自分が支配者となる
王妃たちはウミヘビの島に流されるが、王子・サファイアたちが知恵をふるって取り戻す
シャルネ殿下もサファイアのやさしさを認め王子の妻として迎えることに賛成
ナイロン卿を追放して二つの国は合併する

内容が盛り込みすぎで少しどたばたぎみの展開
それでも宝塚劇のような全き少女劇をしくんだ先駆性はゆるがない

« 立津 梯十「若草物語」?年 | トップページ | 辰野 じろう「悪魔とクリーム姫」?年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立津 梯十「若草物語」?年 | トップページ | 辰野 じろう「悪魔とクリーム姫」?年 »