« 長田 正親「冒険ジャック」?年 | トップページ | 竹葉亭のうなぎ弁当 »

2017年3月29日 (水)

ちばてつや「あしたのジョー」68年


「少年マガジン」連載
ライバル力石の死に対し現実の葬式が営まれたほど反響を呼んだ作品

アル中の元ボクサー・丹下段平がほれこんだ矢吹丈
荒っぽい生活で少年院に送られ、そこで出会った力石を倒すため段平の教えを受ける
少年院を出たあとは、いろいろトラブルがあるがボクシング界へ乗り込み、力石との対戦がなる
クロスカウンターを封じる力石のアッパーカットに敗れる丈だが、途中受けた打撃で力石がなくなる

顔面をうてなくなり、ドサ回りのボクサーに身を落としながらも試合を続けるのはまだ不完全燃焼という丈の心境のせい
丈を復帰させるため、葉子が敵役となって、彼に匹敵する強者カーロスを日本のボクシング界にデビューさせる
カルロスの登場で戦えるようになった丈
そのカルロスを倒した世界チャンピオン、ホセとの対決に突進してゆく
葉子はあまりの強さを持つホセに丈が壊されるのではないかと不安を感じ、自分から仕向けた試合を放棄するように丈に頼むが
まだ燃え尽きていないと王者に挑戦する
判定で負けたものの、力を出し尽くした丈は真っ白に燃えつきたと試合終了、死んだようにリングサイドに座り込む場面が有名

« 長田 正親「冒険ジャック」?年 | トップページ | 竹葉亭のうなぎ弁当 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長田 正親「冒険ジャック」?年 | トップページ | 竹葉亭のうなぎ弁当 »