« 野村 まさる「腕白三羽烏」?年 | トップページ | 田中みのる「お転婆日記」 »

2017年4月14日 (金)

あさりの蒸しスープ


今晩は中華メニュー
気に入っている脇屋料理本によって主菜、副菜、お汁と作ってみる

主菜はマーボ豆腐
このところ、水切りせず柔らかい豆腐を入れるのだが
脇屋レシピではやわらかにするため、さらに80度で温めた豆腐を入れる
それと使うお肉が牛肉
マーボ豆腐は豚肉だろうと思い込んでいて、あいびきは避けていたのだが
試しに牛肉でやっても違和感がない
というのか、牛肉でしても味の変化は感じられなかった
このレシピでは豆板醤だけ、それも多めに使って、胡椒も、ホワジャも使う
最後はラー油までかけるから、レシピ通りにやってとっても辛く、ゆったり味わうどころではなかった

次はラー油はやめて、甜面醤も加えたい

副菜は、青梗菜の炒め物、芯を葉の部分を別にゆでるので食感がいい
おいしくできるのだが、これも寸前に用意せねばならず忙しくなる

もう一つの副菜は帆立貝柱の香味揚げ
脇屋さんは野菜床というユニークな味付け法を紹介している
そのうちやってみたいが、時間がないので、味がしっかりついている缶詰の帆立を代用する
エビをまぜて、小さめの春巻き皮で6つ作る(食べたのは半分)
缶詰のお汁を定着させるため片栗粉を使い、しっとり仕上がりなかなかおいしい
缶詰帆立ははじめてつかうが味がよく出ているので中華かゆに一番合いそう

もう一つは、初メニュー、あさりの蒸しスープ
あさりの出汁と卵をまぜ、茶碗蒸し風にする
ゆるいので蒸し物でありスープであるような独特の舌触りがする
今時分のあさりは身が太っていておいしい
ただ、スープ味付けはごくたんぱくなので、貝の磯臭さが残る
よほど新鮮なもだとはっとするできになりそうなのだが・・

« 野村 まさる「腕白三羽烏」?年 | トップページ | 田中みのる「お転婆日記」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野村 まさる「腕白三羽烏」?年 | トップページ | 田中みのる「お転婆日記」 »