« 手塚治虫「マグマ大使」66年 | トップページ | 鶏もも肉によるブイヨン »

2017年4月26日 (水)

あったかわらびもち

P170426warabimoti
前にわらびもち粉を買ってわらびもちに挑戦したことがあるが
普通にスーパーで売っているものを使っても、ちょっと値の張る粉を使っても
冷蔵庫で冷やす間に硬くなってしまっておいしくない(どうも冷水だけで冷やすらしいが)
以来、わらびもちは市販のものを求めることにしているが
浪漫ででた柔らかいわらびもちが忘れられない

NHK本に柳原さんのレシピであたたかいまま食べるのが載っていた
採用しようと切り取っておいたが、近くでわらびもち粉が売っていない
ライフで見つけたので、夜のデザートに試してみる
粉をすきとおるまで練って、きなこに落とし黒蜜をかけるだけ
冷える部分がないので硬くならないが
わらびもち粉をとく水の量を間違えて硬くなってしまった(横につけたのは晩柑砂糖漬け)

夕食はスーパーで買ったお造り(まぐろとヒラメ)、しじみを味噌汁に
この鳥取産しじみが大きく、中の身もしっかり入っていて砂も少なく珍しいおいしさ
P170426sijimi
タケノコの先が残っていたので、きのことたいてあんかけご飯で
P170426takenoko
他は、酢の物、豆卵とじ

« 手塚治虫「マグマ大使」66年 | トップページ | 鶏もも肉によるブイヨン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手塚治虫「マグマ大使」66年 | トップページ | 鶏もも肉によるブイヨン »