« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

ロアルド・ホフマン「これはあなたのもの 1943~ウクライナ」

芸術文化センター 阪急 中ホール 14:30開場
八千草薫と吉田栄作主演の演劇
作者は文学者でなく、ノーベル賞受賞の科学者
自身の体験を描いた作品と聞く

第二次世界大戦時、ドイツがウクライナに侵攻したとき
その前、ソビエト軍に占領されたとき、ウクライナの知識人をソビエトに密告したとユダヤ人が今度はドイツに密告される
エミールの一家は親切な家族にかくまわれたが
父と姉をなくした母はウクライナ人全部が許しがたい
かくまってくれた一家も財産を差し出した契約だと思っている
現在はフィラデルフィアへ移って家族をもったエミール
一家の夫妻がなくなり遺品を整理していたら、エミールの母の結婚指輪と思われるものがでてきたと
娘さんがアメリカへ来るのに届けてくれるが
母は「これはあなたのもの」と返してしまう
この出来事は戦争の記憶を封印してきたエミールと母が一歩踏み出すきっかけとなる
悪いウクライナ人がいるわけでなく、事情に応じて行動する
守られてきたエミールもおとなしく賢く振舞えたから生き残れた
おじさんの娘は母をなくして泣き叫ぶばかりで声が聞こえてはとおじさんがポーランド人に預けた
終戦時のソビエト軍侵攻でポーランド人たちが殺され娘も犠牲になった

この劇は混乱が生む人間模様の複雑さを思い知らせるが、こうであったような事態を示すだけでかなりあいまい
舞台も変わらず、戦争時のことは上部分に枠を作って再現する工夫をしているが、全体に地味
何をめざしたかわかりづらく、のちのちの印象は薄れるのでは

2017年5月30日 (火)

名残りの苺:ミルクレープ

P170529itigo1
今年は苺を品種で選んでさまざまよく食べた
どれもおいしいと感じるが、しだいに古都華とかあまおうとか濃い味の苺が好みだと思えてくる
最後はそれを買いたくなるから
そろそろ苺も終わり、買っても早くに傷んでくるようになった

ゆめのか一パックを苺のゼリーに仕上げ
古都華半パックで苺のミルクレープを作る
残り半パックは生で河内晩柑と食べる

新作がミルクレープ
いかにもきれいなできあがり写真に魅せられて作る気になった
クレープを5枚焼いて、その間に薄切り苺と苺ジャムと泡立て生クリームを混ぜたものをはさむ
4層作って終わりもクレープでふたをして冷蔵庫で冷やしてひっくりかえして仕上げ
問題点は中のクリームが柔らかく、クレープも柔らかい
切るとひしゃげてもとの形をくずしてしまう
P170529itigo3
味はなかなかいいのだけど
クレープはレシピより薄めのとき汁を作って焼いたほうがよさそう
レシピだと流れにくく、薄く焼けなかった

2017年5月28日 (日)

ア・ヴォートル・サンテ再訪

P170527sante1
今回は、退院後の母を連れてはじめての外食
こことあやめ池イリゼが一番歩く距離が少なく、実家からは車5分と近い
二度目だから一つ上の料理がいいけれど、両親がそう食べられないことも考えて一番少ないコースを注文
基本的には前回の献立と同じ

前菜は両親にはアボガドとカニのテリーヌを勧め、自分はサラダリヨネーズ
 青菜の中心に半熟卵が乗り、自家製ベーコンで味付け 見た目もきれいで食べ応えもある
スープは白ねぎのポタージュ 前と同じだがとてもおいしく文句なし
P170527sante2
主菜は両親は魚、やはり鰆だったがそのポワレ
自分は仔牛のロースト
鰆はいくぶん鮮度が落ちている、ただ横につくトウモロコシのポレンタが絶品
味付けがすばらしい、乗るゆりねもおもしろい
仔牛のローストの方は端の肉がきて形がきれいな輪切りでないのが不満
肉は問題なし、そえられた三食のピュレ(じゃがいも・人参・ブロッコリー)がおいしい
肉のソース自体もとても上品でよい
P170527sante3

デザートはまず三種選ぶワゴンサービス
 ブラマンジェとババとシュークリームを選ぶ
 ブラマンジェはナッツをきかすことなくあっさり仕上げ
 ババは柑橘の身を乗せてくれ、洋酒をかける
 シュークリームは茶色のクリーム、何だったか、とてもおいしい
P170527sante4
そして二皿目のデザートは残念ながら苺でなくアメリカンチェリー
 上はチェリーのソルベ、チョコ菓子のくだいたようなものが混ざり下はチェリーのアイス
 濃厚でいい味、苺のように感動までいかなかったが美しい色合いに仕上がり皿とよくあった出来
コーヒーもおいしく、満喫しました
P170527sante5
今回は両親にはぶどうジュース、自分にはアサヒだったか、ノンアルコールビール

土曜というせいか、12時になるまでに一テーブルをのぞいて埋まった

2017年5月24日 (水)

食器処 ひろ

P150524utuwa
2年前器を集め出した頃はよくお世話になったお店
そのうち、収納スペースがなくなり、自作の器が毎月できたりして買うことがなくなったが
しばらく足が遠のいていたら、あと一月で閉店と聞く
挨拶もかねさっそく訪れて、せっかくなので割引セールをやっている中から洋風皿風のものを二枚買う
錦右衛門の大皿なのでかなりの値段だが、美しい色合いがでている
外側が緑の同心円で内側がくぼんで、ちょうどスパゲッティなど盛るのに適した形

夕方買ってきて、夕食の枝豆さつま揚げをのせようと思った
下敷きのトマト角切りをくぼみに配して、縁に春菊を飾るとなかなか様になる

ネット注文の網

厳重にしているのにカラスに二度やられ、ネットでは無理だと鉄製の網を購入する
近くのホームセンターを二つほどみたが、現物がないのでインターネットで注文した
値段は5000円少し
もっと簡易の網は一万円ほどしていたのでそれはよした
届いた現物は平たい細長い箱、底面がそのまま立ち上がるような仕組みになっている
すんなり上がれば楽だが、頑丈な鉄組をかっちりさせなければならず毎回の上げ下ろしは難しそう
ガレージの奥に組み立てたまま保管しておこうと思う
車を入れるとつかえるかちょっと微妙な大きさだけど、ともかくこれでカラス被害はゼロになる

2017年5月23日 (火)

ビストロ・ルノール エトワールコース(シェフのおまかせ)

P170523lenord01
ルノールもこれが4回目
はじめは一番軽いコースで2回目は食材がどれもよくて普段は頼まない魚肉のコース
3回目は講習会に寄せてもらった
そして一月後、また講習会もいいが、その日は都合が悪いため普通に食事
レストランではほとんだ頼まないがおまかせコースを予約しておく(これは二日前要予約)
初おまかせというので期待がふくらむ

料理は6つ、アミューズグールに前菜二種、魚・肉料理、それにデザート
アミューズはトマトのガスパッチョ、上に泡、ディル、海ぶどう
前菜一つ目が岩ガキの蒸し物、ほたるいか・うにを配した贅沢な素材、スープはあっさりめ
P170523lenord02
二つ目前菜が鴨のフォアグラ、青トマトソースがかかりまわりはバルサミコソース
P170523lenord03
スープはエンドウ豆のポタージュ、しごくすんなり目
P170523lenord04
魚がニュージーランド足長エビと鯛のソテー
P170523lenord05
肉は黒毛和牛のいちぼステーキ
P170523lenord06
デザートは抹茶のブラマンジェ、ナタデココ、ライチのゼリーに苺
P170523lenord07
さすがにお任せコース、見たことがない食材が並び、味もよい
とりわけフォアグラがすばらしい、柔らかさととける食感、青トマトも果物みたい
ステーキの肉もすごく柔らかく、今まで食べていたステーキは何だったのかと思うほど
足長エビもおいしく、味噌部分の焼け具合もちょうど、鯛も新鮮
どれもよくできた料理でエトワールコースの充実度はすごい、これで5400円
酒類は飲めないのでワインジュースを一杯

量が多いので夜までお腹は疲れてしまった

2017年5月18日 (木)

蚊の出現

ここ数日、涼しいのでいなくなったが週末くらいはその前の暑さのせいで早めに蚊が出現した
今度温かくなれば大量に出てきて、6月にはもう重装備しなければ庭では蚊にさされそう
今が最後の機会と毎朝、少し時間をとって庭の草取りに励む

実家の方も今度の週末が限度か、育ち始めている雑草を抜く予定

2017年5月17日 (水)

家庭菜園その後

プランターのルッコラと春菊は順調に育っていたが昨年のようにルッコラには虫が食う
それでも昨年は料理につかえたので、気にせず放置しておいたら使う間もなく茎を残して食べられてしまった
今度は鳥だろうか、途中野菜をもらったこともあり、食べる機会を逸して残念
春菊はにおいが強いのか食われていない
左1/3に植えたパクチーはちっとも芽がでない

二つの鉢にまいた昨年種のバジルは小さい方の鉢から少し芽を出している
そのあとでもらった小苗のバジルの方がいきおいがよい

小鉢に植えたパセリは元気なままだが、パセリはあまり使わないのでそのまま
ミントは少し使ったが、オレガノはまだ
早く使わないとむやみに大きくなりそう

植え替え用に浅い鉢にまいた大葉とクレソン、芽が出ず一月たつので全滅したのかも
種からまくのはなかなか育ちにくいとわかる

育ってもよい時期に食べるとは限らず、食用植物を栽培するのはむつかしい

2017年5月16日 (火)

台所排水溝のつまり

実家では一年に2度ほど台所から出ている排水溝の会所を掃除している
うちでは一度もしたこともなく大丈夫と思っていたら昨晩、流しの水がつまったしまった
はじめはかすかに流れていたが、排水溝に管をつっこんで掃除しようとしたのが悪かったのか水の流れが止まる
会所を開けてみると油のかたまったのがびっしり
これは手で取り除くが排水管から水は出てこない
しかたなく出入りの大工さんに連絡して朝に来てもらう
多分こうでしょうと、排水管を吸引するととたんに流れ出す
そういう器具があるんですね
ネットで見るとこんなものかな、そんなに高いものではない

エスコ 排水管クリーナー(吸引式)

冬は油よごれを流した油が固まりやすいそうで、お湯でしっかり流すのがいいという

2017年5月 2日 (火)

ラ・シーム

P170502cime01
楽しみにしていました、大阪本町のフレンチレストラン
本町駅から北東に6分から7分
一階の黒白基調のお店
入るとと20席くらい、テーブルが6つか7つの一部屋
奥に皿を整えるカウンターがあり、調理場は見えない
最後にシェフがあいさつに来てくれたのは裏手からだった

「おおきに」と挨拶が手書きのメニューは9品、8500円

空豆
ニシン蕎麦
烏賊 日向夏とカラスミのアクセント
野草のラヴィオリとタケノコ スープ仕立て
足赤エビ 緑鮮やかな春のお豆
舌平目 蕗の蕾とコールラビ ヨーグルトソース
奄美大島 島豚 アーティチョークとペコロス
シャンパンのジュレとわらび餅
ブラッドオレンジのババ 赤いソルベとチュイル
お茶菓子

前の二つがアミューズグール、続いて二つが前菜、後三つがデザート 間に魚魚肉とメインがある

ニシン蕎麦は下が小ガレットでニシンの身が乗り蕎麦ではない
烏賊は美しいナスタチウムの花をあしらう 身はしっとり
P170502cime06
 ただ烏賊も少しで日向夏にいたっては極小粒ゼリーで食べごたえがない
ここまではお皿や盛り付けがおもしろいところ

タケノコは薄切りで縁をこがしてある 味もよく、いりこ出汁のスープもあっさりおいしい
P170502cime07
足赤エビのお皿が趣向があって、手前にエビの足をあげて小芋でまとめてある
エビの身は若い豆、熟した豆とりあわせ、豆のさやの刻みで歯ごたえを出し、若いツルを乗せている
P170502cime08
舌平目はヨーグルトのソース(パセリなどハーブ類から色を作る)が美しい
泡はアンチョビがまじる、蓮のような葉はナスタチウムの葉らしい
P170502cime09
島豚はきれいな身、ロースとばらを脂で巻く ペコロスがおいしい

シャンパンのジュレには気泡が入っていて不思議
赤いソルベはいちごなど果物がまじり、上のチュイル(屋根)はアーモンド
P170502cime13
三種のお茶菓子も非常に味が良い
P170502cime14
評判通りの美しい盛り付け、それにみあった味わい、よいお店でした

今日はノンアルコールを頼むと、ドイツのビールを出してくれる
P170502cime03

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »