« 乾物屋大潮の終了 | トップページ | わたり くにお「復讐の谷」?年 »

2017年5月31日 (水)

白土三平「忍者旋風」第二巻

Sirato_senpuu02
巻物を取り返した小太郎、剣真・美香たちは不思議と逃げていて、一人去って傷を手当
巻物を焼き去るところ、半蔵に奪われる
風魔一族で小太郎の父替わりになっていた佐助が、記憶をなくして半蔵の部下となって小太郎が戦うはめに
巻物は半蔵が使う忍者犬がくわえて、数日後半蔵と落ち合うが
その間に野犬とけんかしてかまれた傷から狂犬病を発病
湖に浮かぶいかだの上で半蔵にくいついてくる
半蔵は湖に住む吸血イモリの犠牲となり、巻物は湖に沈む
風魔十法斎は、毒薬をまいてイモリを殺し、毒が薄まったころ巻物を拾い上げる
しかし、湖からあがるところ石川五右衛門率いる伊賀忍者が待ち構え、巻物を渡さざるをえない
後日、十方斎は決闘を申し入れ、土中から部下を襲わせ巻物を奪い返す
開いた中身はでたらめで、半蔵が別ルートで巻物を送っていることに気付く
その本物、半蔵の部下から柳生石舟斎に渡される
竜煙の書が武芸家にふりをもたらすと思う石舟斎は部下を切り巻物を隠し持つ
それを小太郎が狙い一騎打ちとなるが、二人が互角の戦いをしているすきに美女丸が盗む
その美女丸は光る人物に追い詰められ、相手が一度は自分を救ってくれた剣真だとわかると巻物を差し出す
小太郎が焼こうとしたとき、十法斎が小太郎の母を人質にとって交換をせがむ
投げた巻物を剣真が取り、木曽駒ケ岳山頂で母親と交換しようと天に綱で上って消える
剣真こそ、十官道人そのひとで竜煙の発明者
二つの木の間に埋められた巻物をとった十法斎は雷に打たれて燃え死んでしまう、雷発の術だと小太郎に授けて
Sirato_senpuu02b
剣真(十官道人)は娘美香は小太郎のもとへ残して中国に戻ってゆく
幼いころ、ワシにさらわれた小太郎はようやく母と再会することができた物語は終了する

« 乾物屋大潮の終了 | トップページ | わたり くにお「復讐の谷」?年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事