« 森川 三平「怪童児」49年 | トップページ | 横山光輝「鉄人28号」潮出版版13巻目 »

2017年5月18日 (木)

揚げ魚のおろし煮といかの煮物

Dscn8823
いかは生協の「船凍」パック、二匹入って800円近くけっこう高い
釣り上げて船でもう冷凍してしまうようで、色は茶色、鮮度がよい印
ただ身は硬めでちょっと両親にはつらかった
いかのわたを取ってもめん豆腐と炊く
Dscn8824
もう一品が赤かれいを買ってきたので、栗原レシピによる
片栗粉をつけてから揚げにして、甘い出汁をかけて、大根おろしをそえる
小松菜が余っていたのでそれを出汁と一緒に炊く

こちらは一工夫
真ん中に骨がついているので切り身を三枚におろす
そして縁側のあたりにある骨、真ん中にある小骨もすべて取り除いて、また背腹あわせて片栗粉でまぶしてあげる
揚げ物はうまく一つに収まるので骨のないから揚げ魚ができあがる
赤かれいは身がたんぱくなので、骨を取ると上品な出来上がりとなる

これはメニューファイル入り

« 森川 三平「怪童児」49年 | トップページ | 横山光輝「鉄人28号」潮出版版13巻目 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事