« あまご | トップページ | 鯛のラタトゥイユソース »

2017年6月12日 (月)

星一平「不思議な光線」49年

Hosi_fusigina
きさらぎ出版1/15発行、10円、36P
カンガエール博士が発明した大小化光線銃をアクマー博士が横取りする
ジムが乗り込み、光線銃を見つけるが、アクマー博士がピストルを突き付ける
ジムはとっさに光線銃を撃ち、アクマー博士のピストルを小さくしてしまう
だが、落とし穴に落とされて光線銃は取り上げられた
アクマー博士の奪った光線銃は懐中電灯
落ちたジムは小石に光線銃を当てて大きくして落とし穴から脱出
またつかまって、電気のこぎりで処刑されようとしている
これを遠隔テレビで見ていたカンガエール博士がジムを助けるためやってきて電線を切った
博士がジムの縄を切って助けたとき、アクマー博士が光線銃を発射する
ジムが機転で鏡を投げて光線が反射してアクマー博士が小さくなって完結

« あまご | トップページ | 鯛のラタトゥイユソース »

アニメ・コミック」カテゴリの記事