« メンチカツのドミグラソースかけ | トップページ | 若月 鉄朗「みっちゃん すてきだ」?年 »

2017年6月 2日 (金)

手塚治虫「0マン」59年

「少年サンデー」連載、集英社コミックス4巻で読む
Teduka_0man1
1巻「エンマ大王」
リックーはしっぽが生えた少年
近未来戦争で出兵した力がインド奥地から持ち帰った赤ん坊を育ててきた
田手上博士がヒマラヤ雪男調査で連れ帰った0マン夫婦がリッキーの両親だった
そのころ、首相官邸にあらわれた怪人エンマ大王が首相とすりかわる
田手上博士はそれがヒマラヤで行方不明になったクノッペン博士だと知る
Teduka_0man1b
首になった新聞記者ランプはリッキーが0マンだとかぎつけ一儲けしようとさらって船に乗せる
両親が助けて三人でヒマラヤをめざすが、嵐ではぐれリッキーと母だけが0マン国へ到着するが
母は無断出国で罪人とされ、リッキーは母と脱出、途中、クノッペン博士を探しに来た息子ピットと出会う
博士は日本のエンマ大王になっていると教えられ三人で日本で戻る
大王がマスクを取ると確かに博士の顔だが、息子ではないといわれたピット
リッキーの母を親代わりにすることに

2巻「凍る地球」
0マンが人類攻略の拠点とする箱根基地手をリッキーが破壊したのをきっかけに火山が爆発する

被害を止めるため、大王は0マン国大僧正の命令で電子冷凍機を動かす
噴火は止まるが地球全体が冷凍化し、水爆でも機械を止められない
防衛庁副官はリッキーを連れて0マン国へ乗り込む
途中、ヒマラヤでリッキーのお父さんと出会うことができた
Teduka_0man2b
しかし副官が人間と見破られ、脱出するのが精一杯
追跡機に撃たれ、人工衛星の軌道に乗ったロケットはアメリカアリゾナに墜落する
リッキーは父と離ればなれとなり、ランプのため地球脱出用ロケットを作らされていたローヤル博士とピットに再会する
父はアメリカに来ていた田手上博士に助けられ、リッキーを探しに行ってロケットの設計図を見つける

3巻「0マン革命」
リッキーは脱出、雪が降り始めランプの手下たちも逃げ出して行く
人類は日本シティで作るロケットに乗って地球を脱出することに
ランプは銃で切符を奪って乗り込もうとするが、荷物を取りに戻って帰りガソリンが切れて取り残される
リッキーたち、ローヤル博士は地球に残って0マン国に対抗しようとする
人類決死の攻撃も0マンには歯が立たず、大僧正の娘リーズを人質にとる
しかし、交渉団の替え玉を送り込んだ0マン側の企みで失敗
リッキーは深い傷を負い、地下牢で反体制派モルモに助けられる
その頃、電子冷凍機の活動が低下し、全世界で雪解けが起こり洪水は地下の0マン国に大被害を与える
これを機に、革命が起こり大僧官が脱出しリーズと再会する
Teduka_0man3b
一方、金星に向かった田手上博士らは0マンの先祖のような生物が大量に生息していることを発見する

4巻「ブッコワース光線」
Teduka_0man4
人類は地球の雪解けを見て引き返す
0マンの新政府は金星から戻った人間と友好関係を結ぶ
大僧官はチャコール・グレイやカクテルの鉄と結びブッコ・ワース光線を手に入れる
グレイと鉄の対立、地球軍の攻勢でグレイは光線を0マン国へ向けて発射する
むやみに使って自分にもあてたグレイは機械ごと消滅してしまう

Teduka_0man4b

« メンチカツのドミグラソースかけ | トップページ | 若月 鉄朗「みっちゃん すてきだ」?年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事