« 貝塚ひろし「九番打者」64年 | トップページ | 並木きよし「荒野の決闘」49年 »

2017年6月11日 (日)

6月の浪漫

P170611roman01
昨年は、5月の小鮎が繰り上がって6月に
今年は鮎がだめになったと、はもに切り替わり
浪漫では毎朝、生きた鮎が届けられるが
11時からのランチは塩焼きがでたのが、その後、拍子で鮎がだめになり使わないという
P170611roman02
米茄子と長芋 長芋は卵白と合わせてゼラチンと寒天を同時に使って固めている 出汁は濃いめ
珍しくお寿司、岩手のまぐろを醤油漬けにして握ったもの
お椀が、はもと金時草(きんじそう)、アクセントが梅肉
P170611roman03
八寸が、青梅とジュレ・甘夏れんこん麩・湯葉と黒わらび・じゅんさいとはくだい?(木の実)練り物
P170611roman04
鮎に替わったはもの焼き物、蓼酢で
P170611roman06
小鉢が新じゃがいもの素揚げ、角煮がつく
P170611roman07
白ごはんに長なすの漬け物、担々麺風にゅうめん(三輪の白髪そうめん)が工夫
P170611roman09
デザートはアイスクリームにきなこ、黒蜜

いつも通り、はもはお汁でも焼き物でもおいしい、特に焼き物の皮の上がり具合が絶品
八寸では黒わらびが格別
新じゃがいもも栗のような仕上がり、角煮の柔らかさは8時間蒸すからだそう
漬け物の長なすもしっとりして良い感じ
おもしろいのがにゅうめん、白髪そうめんははじめてこんな細いものを食べる
ゴマがきいたお出汁もおいしい
今回は歩いて行って雪洞酒を飲みながらの食事、堪能しました

自家製プリンを買って帰る
P170611romanpdhing01
一つ500円は高めか、当日期限なのでおやつに食べる
濃厚でちょっと卵が強いがおいしい

« 貝塚ひろし「九番打者」64年 | トップページ | 並木きよし「荒野の決闘」49年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 貝塚ひろし「九番打者」64年 | トップページ | 並木きよし「荒野の決闘」49年 »