« グリーンピースのスープ | トップページ | 江波穣二「いなずまエース」64年 »

2017年6月 8日 (木)

ネットリストにみる作品

昨日あげたリストでプランゲ文庫で閲覧できる作家を調べてきた
12名のうち、おもしろいと思って読んだ作品は5つ、そういう作品は一枚はコピーを申請する
読まなかった作者は、作品を見て絵柄がおもしろいと思えない
理由は三つに大別できる
一つは完全に挿絵で扱い範囲外(挿絵でもとてもユニークな場合は読むこともあるが)
二つ目は大人漫画風であったり、こども向き絵であっても動きがなく漫画と思えないもの
三つ目は単純にへたな絵で、遠近法がおかしかったり、線がゆがんでいたりするもの
 少しましな絵柄でも何の特徴も感じられないものは同様にパスしている

奥野耕三「魔法のステッキ」にかわって「空想博士」、絵はへたな方
田中あきら「暗黒城」にかわって「仮面の塔」、まずまずの絵柄
並木きよし「拳銃少年」にかわって「荒野の決闘」、絵はうまくないが動きがおお
星一平「王冠島の冒険」にかわって「不思議な光線」、ポケット漫画だが味のある絵
森笑兒「少年記者冒険」にかわって「ターザンの奇蹟」、絵は普通だが動物がおもしろい

中島逸平は全くの挿絵、春枝清雄、山本幸彦は挿絵風で動きにとぼしい
柳澤良輔は動物キャラばかりでおもしろさに欠けた
牧淳平、山縣正和、山崎錬は絵が拙い

« グリーンピースのスープ | トップページ | 江波穣二「いなずまエース」64年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事