« 少女雑誌の挿絵家たち | トップページ | 冷たいおでん »

2017年7月17日 (月)

ヒラノトシ「宇宙王国」48年(プランゲ文庫)

  1. Hirano_utyuu

娯楽社10/1発行、48円、64P
キラボシ博士の研究所が空に浮き上がって上昇してゆく
ロング君はショート君が行ってみると、土地がロング君を乗せて浮き上がる
ショート君はロケットで追いかける
引力絶縁光線を当てたのが水星人
雲で隠した水星の臨時基地、宇宙王国へ降りるとシャボン玉のような膜にとらえられる
王国につかまっていたキラボシ博士は、他にもたくさん博士がとらえられているのを見る
キラボシ博士は同じくとらえられていたホシゾラ博士の持ち物ロケットで脱出する
追いかけてきた敵宇宙船をフラフラ光線で落として
そのはずみでショート君をとらえていたシャボンがこわれる
水星人が地球まで来ていたのは水星そのものが近々爆発するので代わりの星を狙っていたのだったが
水星が爆発して、破片が飛びこんできて宇宙王国が壊滅する

« 少女雑誌の挿絵家たち | トップページ | 冷たいおでん »

アニメ・コミック」カテゴリの記事