« 佐藤漾子(なみこ) | トップページ | 高木清 »

2017年7月28日 (金)

山下よしお「泣かぬ星丸」53年

Yamasitay53hosimaru

太平洋文庫8/25発行、130円、B6判128P

幼い頃、盗賊にさらわれたらしい星丸も11歳
盗賊の親方が父として育てていたが、兵隊に攻められ父は死んで、部下権内に連れられ逃げた
権内にいじめられながらあてのない旅をしていたが
権内をまいて、親切な百合江の家にとめてもらう
星丸を見つけて、家へ盗みの手引きをさせようとしたのを百合江の兄大作あ覚って権内を打ちすえる
再び旅を続ける星丸は、けちなフクロウ爺さんの家に泊めてもらう
爺さんは金をしこたまためこんでいて、かぎつけた権内が盗みに入るが
星丸が縛り付け役所へつきだす
また旅に出て、墓参り帰りという小鈴と父に同行し、宿屋で二人が保証してくれて雇ってもらう
そこへ大作・百合江がやってきた
あれから権内が牢を抜け出し、大作家の大事な刀を盗んで逃げたのを追ってきたのだという
権内はかつての仲間、可右エ門(こうえもん)と会って、ある女から星丸を殺すよう頼まれていた
宿屋仕事の星丸は編笠で変装した権内に誘い出され穴へ落とされてしまう
怪しんでつけてきた小鈴が引き上げてくれてこの町を出る

江戸へ来た星丸は不意打ちの話をひそかに聞いてされる侍、三宅勝馬に助太刀する
これが縁で勝馬の弟分になって星丸は侍姿に
勝馬は加賀藩家老の次男坊
町で権内に見つかり追い詰められた路地で急に姿が消えた星丸
ばねじかけの戸で入り込んだ屋敷が百合江のおじさんの家
加賀の出で、かかる掛け軸が星丸の思い出と同じ
星丸は加賀からさらわれたとわかったところで話が進みラストへなだれこむ
星丸を狙う権内・可右エ門が見つけて追い詰める
雇っている女は加賀廻船問屋の後妻
星丸がさらわれてから生きる気力もうせた先妻は隠遁していた
息子が生きていると噂に聞いた後妻が遺産が手に入らないと星丸暗殺を頼み込んだ
後妻と組む剣客が権内たちも始末しようと刺殺したところに使い手勝馬が来て救う
権内が死に際、星丸に事実を打ち明け、星丸は加賀へ戻って母と会い、跡目披露とことが運ぶ

話は何かを参考にしているのでしょう、かなり複雑
山下さんの絵柄は53年でもう充実している

« 佐藤漾子(なみこ) | トップページ | 高木清 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事