« 中西正夫「魔境探検隊」49年(プランゲ文庫) | トップページ | 田中正雄「あみ笠豆助」51年 »

2017年7月25日 (火)

大木けいり

1955年の「少女」にだけ掲載が認められる
1月号から連載、小旗風彦「花の輪にいのる」でデビューしたのか
1月号はデジタルデータになく、2月号の絵がすばらしく美しい
田宮夫人に呼び止められ屋敷に招かれた笛子
笛子の父は金がからんで仲間を殺して自首するつもりだが、笛子をなんとかしようと踏み切れないでいる
笛子には双子の妹鳩子がいて母とどこかで暮らしているらしい
田宮家に出入り禁止になっている姪の朱実が来ていて夫人と口論になって追い返される
夫人が笛子を養うことになり、朱実の養父が田宮家の金を狙っているという出だし

8月号が最終回で、宝石泥棒の疑いをかけられ家を飛び出した笛子は豆売りのおばあさんを介して双子の鳩子と出会う
父の置き手紙で母は大阪の曾根崎にいるとわかり再会しに向かう

9月号からは写真と合わせた挿絵を描いていたが、この年一杯で消えてしまった
「花の輪にいのる」でも連載がすすむにつれ、他の作家と同じような絵に近づき、はじめの斬新さがなくなる
絵に対するいきずまりが、挿絵から別の方面へ向かわせたのかも知れない

« 中西正夫「魔境探検隊」49年(プランゲ文庫) | トップページ | 田中正雄「あみ笠豆助」51年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事