« 太平洋文庫 | トップページ | 益子かつみ »

2017年8月10日 (木)

前谷小太郞(しょうたろう)

Kuwata56farasino
少女雑誌に挿絵を描いていた作家のリストに入れなかった人を2人
前谷さんと森さんでまず前谷さん

桑田次郎作品リストを見ていくと、「あらしの花ぞの」というものがある
「少女」1956年夏増刊号だが、ここで桑田さんは原作者
漫画絵の方は前谷小太郎と聞いたことのない人
はじめは桑田さんが「ソレイユ」とかの雑誌風に描きたくて偽名を使っているのかと考えたのだが
桑田さんの絵は絵物語にそれても、モダンな少女風にそれることはない
前谷さんはれっきとした挿絵家で、単独の単行本はないようだが、1950年代は「少女」などに挿絵を描いている

まつざきあけみさんのブログ、1955年「少女」10月号の項目に詳しい(その号の目次イラストが前谷さん)
それによれば、55年以前は普通の挿絵だったのが、55年になると突然、中原淳一風絵となったらしい
この手の絵柄で漫画を描くのは、高橋真琴さんの影響があらわれた1958年以後なら受け入れられる素地はあったでしょうが
1955年では早すぎる絵柄でした
1955年というと雑誌がA6判からB5判へ切り替わる頃でビジュアル化がいっそう進む
そういう時に、読者が選んだ少女像は中原流のモダンスタイルではなく、勝山ひろし流のしっとりした姿だった
作品内容もまだ母ものが多い頃だったし

« 太平洋文庫 | トップページ | 益子かつみ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35430/65562188

この記事へのトラックバック一覧です: 前谷小太郞(しょうたろう):

« 太平洋文庫 | トップページ | 益子かつみ »