« 少年誌中心の挿絵家たち | トップページ | 白井哲 »

2017年8月12日 (土)

益子かつみ「さいころコロ助」の初期

コロ助はちょんまげはしているし、腹面四つ穴の左下に刀を差している武士姿
当然、戦国時代の話だと思う
かいまみる付録や本誌でも時代劇しかでてこないが
道立図書館で一番古い「幼年ブック」1954年7月号を閲覧して現代ものだったので驚いた

コロ助のモデルとなったタンクタンクローがちょんまげ姿で現代戦で活躍するのだから変ではないか
55年8月号で戦国時代回想に入るまで二年間ほど現代ものだったことになる

連載開始が1953年10月号あたりとすと一年ほど内容が知れないのが残念
あかしや書房から単行本が出ていたようだが、三巻本なのでこのあたりも含まれるのか?
連載当初には、サイコロ形でちょんまげのコロ助が現代に甦る逸話が描かれているはず

ともかく54年後半の連載をまとめたものを再掲しておく
Masuko5407saikoro
54年7月号8P
ひふみさんとしごろく君の所へ現れたコロ助
運転できないのに車に乗ってつっこんでくる というのが7月号のところ

自動車で疾走する場面がうまくいかず困っている監督
その前に、おあつらえの車(コロ助の暴走車)が走ってきてこれをカメラに収めて撮影がうまくゆく
乗っていたのがコロ助で、ひばり女優のひばりさんと会って、撮影所を案内してもらう
侍が剣を抜く場面は本物と思ってむかっていくなど失敗ばかり
ひばりさんの車で戻るが、途中落とされて、遅れて着くと、ひばりさんが銃で脅され悪人に連れ去られる
コロ助はこれも芝居だと思って、家に入ると縛られたお父さんから誘拐だと知らされる
ひふみさん・しごろく君が警察にコロ助捜索を頼みに行っているところに飛び込んできたコロ助
ひばりさんを返すため100万円持ってこいという脅迫状が入りこむ
警察に知らせるなとあるのでしごろく君が持ってゆくのにコロ助もお伴

8月号
さらわれたひばりさんと身の代金との交換
犯人は人形のひばりさんを渡して、金をうばってヘリで逃げる
しごろく君が、コロ助をヘリに投げ、機内で暴れるコロ助だが、海へ落ちてしまう
コロ助は亀に乗り、カモメに乗り、親玉の船へ向かう
カモメに警察への手紙を託すと、残りのカモメたちに錨をつけて持ち上げる
犯人たちの上へ落とそうとしているところを見つかってしまう

9月号
錨を落として、船の中へ逃げ込んで見つからないコロ助
料理に眠り薬をまぜると、犯人たちはみんな眠ってしまい、つかまったひばりさんを救出する
ところが船を運転する者がいなくてかってに流されてゆく

10月号 3Pで付録へ続く
Masuko5410saikoro
コロ助一行を乗せた船が魔法使いばあさんの島へ到着する
コロ助たちを乗せた船が進むと島のトンネルが開いて中へ入る
ばあさんがいてごちそうをしてくれるが、魔法使いでみんなを豚に変えて食べるつもり
それを知って止めようとしたコロ助がばあさんに魔法の杖でぶたれる

11月号
コロ助は首をひっこめサイコロとなって魔法使いばあさんを油断させる
ばあさんが魔法の杖を放した時、奪い取る
魔法の杖はふると人間をブタにする
それで海賊たちをブタにして出航する
一人だけ船員をブタに変えずに船の運転させていたコロ助だが、ビンにつめられてしまい海へ流される
船は、ブタにされたひばりさんや海賊たちを乗せ、ブタの貨物船といったあんばいでニューヨークへ着いた
その頃、しごろく君はひろみさんと警察の船でコロ助たちを捜しに出発していた

12月号
コロ助もアメリカへ漂着して、ひばりさんを探す
入港したブタをドクロ団の親分が売りさばき、コロ助がかけつけた時は、ひばりブタを乗せた列車が出発したところだった
ひばりブタはブースカサーカスへ売られてゆく

55年
1月号
ひばりさんを追ったコロ助もブースカサーカスへ入れられる
そこで人気者となり、ねたむゴロゴロレスラーから試合を申し込まれる
コロ助はサイコロの形になってゴロゴロを負かす
ひばりさんが豚肉料理にされる寸前、コロ助が人間に戻して一連の話が完結する

« 少年誌中心の挿絵家たち | トップページ | 白井哲 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少年誌中心の挿絵家たち | トップページ | 白井哲 »