« 前谷小太郞(しょうたろう) | トップページ | もりやすじ »

2017年8月10日 (木)

益子かつみ

Masuko5710saikoro
挿絵画家の確認が終わったところで、漫画家に戻る
文学館で読み残した作品や、まとめきれなかった部分を、国会デジタルデータで補っていく

最終回が読めなかった石川球太「ザンバ」や野呂新平「星の子」など貴重な資料があるが
最初は益子さんの「さいころコロ助」の不明部分をできるかぎり埋めてみたい
1950年代の後半でもっとも手広く少年少女誌に描いていた漫画家は益子さんだと思う
手塚さんも四コマも含めて広い範囲で描いていたが、少女ものは限定的だし、ユーモア部分が薄い
それに比べて益子さんは少年、少女誌に同じように描いて、リアル絵もユーモア絵も巧み
「怪球Xあらわる!!」以外あまり知られていないのは残念

一番長い連載の「さいころコロ助」は筑摩書房から付録一回分くらいしか復刻されていない
初期の掲載誌、「幼年ブック」は北海道立図書館にいくらか所蔵があるくらいでほとんど出回らない
そのため、全容が知れない最大作といえる
また、デジタルデータを見ていて、1964年「少年ブック」で「さいころコロ助」が再開しているのもはじめて知った
その紹介とあわせて「さいころコロ助」を見直したい

« 前谷小太郞(しょうたろう) | トップページ | もりやすじ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前谷小太郞(しょうたろう) | トップページ | もりやすじ »