« 野呂新平「コユビちゃん」54年 | トップページ | 東浦美津夫「マリアの剣士」65年 »

2017年9月22日 (金)

夜の浪漫

P170922roman06
9月の浪漫ははじめて夜の部に参加
6:30からワンクールの会席が10800円
皿数は一二増えるくらいで材料がよくなっているときく
まずはすっぽんのスープ
 塩だけで全くにごりもくさみもない澄んだお汁
P170922roman01
 じわっとくるが、すっぽんはなじみがないのでよくわからない
次にくるみの豆腐
 やわらかく、くるみの味が油気、甘みといきている
P170922roman02kurumi
次が十割そば、そばの外側だけを使ったしっかりした出来上がり
お造りが出るのが夜のメニューか
 鯛の造り、一日置いてあるためあっさりめになり、甘みが減っているのでは
P170922roman05tai
今回は八寸が逸品
一番上の皿が、合鴨、むこうで見えないがかぶらの焼き物、大徳寺納豆の味噌がのる
右がいちじくにそば粉をつけてあげたもの 
次んが菊の花にえちぜんくらげ 酢の物
次は小芋と卵の黄身熟成に四万十川の青のり
次がはもの子を黄身で練って冬瓜をまいて黄身餡をかけたもの
 合鴨がおいしい味、いちじくのパリパリ感もよく、はもの子もいい
八寸に、薄あげを揚げてシバ漬けの炊きものをかけた不思議な一皿

メインははもの焼き物か、そえる椎茸もいいがやはりはもが圧巻
P170922roman08
 皮をそいでうまい具合に焦がしてある
ご飯は白ごはんで、鯛のあらだきが付く
 あらだきは砂糖を使わない薄味だが活きている、れんこん、ごぼう、しょうがとつく

デザートは幸水なしをあげて皮をむいたものとコーティング巨峰、すだちのシャーベット
 なしの口触りが独特、巨峰のコーティングもおもしろい
P170922roman10
お酒一合飲んだこともあり、まんぷくとなる
値段が倍になったので、刺身には不満、お椀は松茸が出ないのが残念だが、はもと湯葉のしんじょうは素晴らしい出来
見た目のボリューム感はそう増えたわけでなく、値段とすれば8500円あたりかな

« 野呂新平「コユビちゃん」54年 | トップページ | 東浦美津夫「マリアの剣士」65年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事