« 東山駒平「星を呼ぶ少年」58年 | トップページ | 夢田ユメヲ「乙女の悲曲」55年 »

2018年7月12日 (木)

つげ義春「のろわれた刀」58年

Tuge5708norowareta

「日の丸」夏増刊号から気になった作品

12P読み切り
田舎のおじさんを夏休みに訪ねる孝夫、今年はともだちを連れて行く
おじさんはおばあさんと二人暮らし
普段は普通のおじさんだが刀の手入れをしていると、魅入られて変になる
昔、殿様の所有で、斬った猫ののろいだといわれているが
この夏は、おばあさんの顔が猫に見えて切りつけるという騒ぎを起こす
孝夫が思い切っておじさんの刀を処分させるとおじさんの病気も回復する

つげさんにしてはどんでん返しとかなくて、あっさりした内容です
58年の夏増刊号ははじめて読みますが、つげさんが一番気になる作家
益子さんや藤子さんも描いていますが、ページ数も少なく迫力にかける作品です

« 東山駒平「星を呼ぶ少年」58年 | トップページ | 夢田ユメヲ「乙女の悲曲」55年 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事