« 文旦と晩白柚(ばんぺいゆ) | トップページ | フェルメール展 »

2019年2月26日 (火)

阿倍野ハルカス「エオ」

P190226eo0
大阪市立美術館を訪れたついで、阿倍野ハルカスで昼食を取る
12階から14階までレストランが並ぶうち、14階のここが一番気になるフレンチ
エオはエロージュ・オンブルと谷崎の「陰影礼賛」をモチーフとしている
店内は暗めで、天井から無数の小さな透明球がぶらさがる斬新な造り
細長い一室の向こう側に一段高くなった調理場があって、食卓から見えるようにしてある
お昼のランチは二種、肉か魚かのコース(4320円)と両方出るコース
少なめにして魚、白ワインを一杯頼む

まずアミューズの木皿、豚パテとかにのジュレ、黒こしょう風味の小麦粉焼

前菜は、オレンジで育てた鯛をオレンジジュレとブロッコリーソースで
P190226eo2

ポタージュが入る
さつまいもの甘めのポタージュ、中にはブイヨンジュレ、上にさつまいも粉
P190226eo3

メインはさわらの半焼き、菜の花と大根薄切りを添え、下に卵のソース
P190226eo4
デザートはいちごソルベ
P190226eo5

飲み物(コーヒーを頼む)にカヌレ・マカロン・チョコの小菓子がつく

値段からみて量は多く多彩な内容だが、味のひきたつものが少ない
中でも、ポタージュがとてもおいしい
前に一度来た時もにんじんのポタージュがとてもよかったのを覚えている
メインは魚の生臭さが少しだけあって残念

« 文旦と晩白柚(ばんぺいゆ) | トップページ | フェルメール展 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事