« 2019年2月 | トップページ

2019年3月

2019年3月 8日 (金)

卓球講習16回目

フットワークは家でも時折やっているが、足のかげんで余程動けず
今回から1人入って2人での講習
15分ずつ3クールくらいの練習となる
まず、フォア・バック・つっつき
次で、ナックルをまぜたつっつきの練習をお願いするが、とたんに難しい
3クール目は3球目ドライブとループドライブ
最後に数分ずつ時間があって、N字でフォア・バックをクロスだけのとストレートだけのをやる
コースが安定しているので切り返しはなんとか

間の時間にサーブ練習をするが、YGはあたりどころがまずく山なりにしか進まない
バックでのフリックもやってみると、フォアと同じく球の下にラケットを運んで返すとうまく返る

2019年3月 4日 (月)

ヒレステーキ

30分前に冷蔵庫から出して、すぐに塩を振る
100g1500円以上の肉では柔らかくする手法は使わない
焼く直前に胡椒をかけ、フライパンにはにんにくを使わず
脂身はのけるので、やや強い中火ではじめ、ゆるめて1/3以上焼けるまで焼く
ひっくり返して2分ほど中火
アルミホイールには包まず、切って赤色かげんを確かめて出す

やや強い中火をゆるめるのが難しく、表は焼けすぎ、中はけっこう赤い状態が出やすい
今回は、2000円の肉を使った
2000円前後ならまず肉気が気にならない

2019年3月 3日 (日)

ひな祭りのばら寿司

P190302tirasi
お店で買うことが多い行事のお寿司を今年は作ってみる
中の具はいつものばら寿司、人参・たけのこ・青物
上に乗せるものは、桜でんぶ・貝柱の醤油焼き・海苔
桜でんぶはできあいを買ったのでかなり甘い
P190302hamaguri
お汁は蛤の澄まし 三つ千円の大きな蛤で今回の蛤はいい
とびあらが出ていて小パックをだしで煮る

新しくてパックから出してもはねているという生きの良さでちょっと辛い調理
P190302tobiara1

塩ゆでしてむきみにする
P190302tobiara2
野菜の炒め物で、アスパラ・ナスにあつあげを加える 味は砂糖醤油の少し甘め
塩鮭を少量つけて、まずまずの夕飯

2019年3月 2日 (土)

晩白柚(ばんぺいゆ)砂糖漬けのできあがり

P190301banpeiyu
文旦の砂糖漬けは綿が厚かったため、苦みが残った
晩白柚はさらに大きく厚いので、三回のあく抜きを五回にした
その成果あって、できあがりの味は苦みが少なくおいしい
月曜にあく抜きをして、乾かすのに四日かかって大変なんだけど
かつて食べたザボンの砂糖漬けのような味になって満足

2019年3月 1日 (金)

卓球講習15回目

前日の練習では、移動するとフォアも入らない
バックはフットワークより以前、ラケットが下がってネットする
少しできるようになったチキータも中途半端なふりで思うように行かない

今回は1人なので6クールで十分練習が出来る
はじめは、フォアをあわしてバック、つっつき
2クールがバックドライブ、コンパクトにふるのが難しい
3クールが左右の切り返し
4クールは、下切りサーブを出してフォアに戻るつっつきをドライブ、フォアはなんとか
5クールにフリックを教えてもらう、これもフォアだけ
 ボールの下にラケットをもっていって返す打法ははじめて
6クールにコーチのバックへのドライブをブロックする練習

« 2019年2月 | トップページ