« 昭和漫画館青虫 037 短編誌「X」 | トップページ | 昭和漫画館青虫 039 少年向け単行本 »

2020年4月24日 (金)

昭和漫画館青虫 038 63年の小島剛夕

Kojima_kikyorai2
ひばり書房から叙情的時代劇を次々生み出していた小島さん
63年の「帰去来峠」と「修羅無常」は続き物の長編
島津藩の若侍、小七郎と修平
修平の父が幕府隠密であったため、二人は宿敵となって、恋する人も失い阿蘇に果てるという内容
後の原作付き大作の先駆けともいえる作品、なおかつ絵柄が熟しすぎず美しい

他に同じく63年刊行の「オール怪談」41号で「糸ぐるま」を読む
これは60年執筆の再録ということで絵柄はさらに落ち着いて心地よい
後、「週刊漫画アクション」に連載された「おぼろ十忍帖」でも採用されたが
絵柄は元の方が素朴で好き

« 昭和漫画館青虫 037 短編誌「X」 | トップページ | 昭和漫画館青虫 039 少年向け単行本 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事