« 昭和漫画館青虫 047 遠藤まさお | トップページ

2020年5月 9日 (土)

昭和漫画館青虫 048 浜慎二

Hama_hahano2

浜さんというと週刊誌での恐怖漫画で記憶されていると思うが
貸本の頃から数少ないながら描いている
57年頃は杉田民平名義で堅めの絵柄で思索的な作風
58年頃からは短編誌に少しひねくれた内容の作品を描く
こんなところから特異な恐怖ものへつながるように見えるが
貸本単行本の少女向けには実にストレートな作品を描いているのが不思議
名作「悲しき二つ星」の前作、「母の想い出」を青虫で読む

倉石さんは親方のおじょうさんで家は金持ち、相当な屋敷に住んでいる
子守の女の子島野利子は父が病気で母はなくなっている
倉石家の垣根を子守しながら見に来ている
塀を壊すのを悲しそうに見ている
元は自分が住んでいた家

Hama_hahano3
女中をしているおヨネさんもそのころからいた女中さん
利子の父は役人をしていたがだまされて警察に逮捕され、母はショックで死ぬ
キンモクセイの香りを利子一家が楽しんでいたというのを聞いた倉石さんは若い者にキンモクセイを抜き取らせる
同じクラスで、利子が委員長に選ばれてねたむ倉石
利子の唯一の思い出として残った母が使っていた鏡
今はおヨネさんが持っているが、取り上げて古道具屋へ運ばせる
売れなくていいから5万円の値段で置いておかせる
売り物を見た利子は悲しく、さらし者にされている鏡をなんとかして取り戻したいと思うのだが
そんな彼女の気持ちをあざ笑うように、6万円に値あがっている

倉石さんは、利子の父の汚職をいいふらし、体育の時間に集めた金がなくなった時は利子を犯人扱いに
その犯人は見つかり、父の汚職で真犯人も見つかる
それが倉石氏で逮捕されるが、利子は倉石さんを責めることはしない
母の想い出の鏡は売れてしまったが、心の中に母は残ると悔やんでいない

倉石のお嬢さんがしっかり悪者として描かれていて物語を盛り上げている
2013年の青虫訪問も三日目、最後に近づいた
ベテラン竹田慎平さんの57年「千鳥の星空」を読んで退室する

« 昭和漫画館青虫 047 遠藤まさお | トップページ

アニメ・コミック」カテゴリの記事